FC2ブログ
 
■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「マルぼんとヒロシの責任逃れ」の巻
マルぼん「見ろよ。サラリーマンが庭の木で首を吊ってるぜ」


ヒロシ「このご時世だ。しんどいことがあったんだろう。死なせてやろうよ。それがやさしさってもんだよ」


サラリーマン「たすけてー! 実はおいら、構ってほしいだけでホントは死にたくないんだよー」


ヒロシ「仕方ない。尊い命を救ってやるか。この手で! この腕で!! この足で!!!」


(ヒロシたちがサラリーマンを救出しているシーンの挿入歌:「救急戦隊ゴーゴーファイブ」)


 助けてみると、サラリーマンは隣人の田中さんでした。あと、諸事情により、ここからマルぼんとヒロシのセリフはエセ関西弁でお送りいたします。(いたしまーす。ドン!)


マルぼん「なんちゃって自殺とはいえ、なぜ自分の命を粗末にしようとしたんや。たしかキミ、美人の嫁さんもろて、先月、かわいいかわいいベビーも誕生したはずやろ、たしか、ブライアンいうたか、名前」


ヒロシ「会社では出世したって聞いたで。順風満帆な人生やないか。なんで死のうとするのや」


田中さん「その出世が原因なのです。出世して給料はあがったけれど、その分、責任が重くなって。その重圧に耐えられんのです。むっはー!!」


マルぼん「すべての責任から逃れられるようになる薬を処方したるわ」


田中さん「感謝感激あめあられ!!」


 翌日、17時すぎ。マルぼんとヒロシが町を徘徊していると、田中さんと遭遇。


田中さん「おかげさまで地位はそのままに、色々な責任から逃れられることとなりました!今日なんて、定時で退社できたんです! 出世してから初めてですよ! これで、ワイフやブライアン坊やと過ごす時間も増える。ありがとうございます! 是非ともお礼を!」


ヒロシ「礼はええて。その笑顔がなによりの報酬や。それよりはよ帰って、ブライアン坊やの笑顔に癒されえな」


マルぼん「あんさんの笑顔を思い出すだけでな、旨い酒が飲めるわ」


(5年後、酒の飲みすぎが原因による肝硬変で、マルぼん死去。享年58歳)


田中さん「まじでありがとうございます。それじゃ!」


愛するワイフやブライアン坊やと楽しく過ごせると、ウキウキドッキンドッキンしながら帰宅した田中さん。しかし、彼がそこで見たものは!!


(『火曜サスペンス劇場』のジングル)


 美しかった黒髪が真っ白になっちまっているワイフの姿っ。


田中さん「무슨 일이 있었나요?」


ワイフ「ちゃうねん。びっくりしてん。ブライアン坊やが、急に成長してん!」


田中「나는 믿을 수 없습니다!」


 しかしそれはまぎれもない事実っ。真実っ。くさった果実っ。2人の前には、屈強な成人男性が。生まれたままの姿の成人男性がっ!


 なぜ生まれたままの姿かと申しますと、別に卑猥な理由があるわけではなくて、なんといいますか、いきなり大きくなったから着ていたベビー服とか破いちゃったからなんです。ほ、ほんとなんだからねっ。別にエッチな理由なんてないんだからっ。な、なによニヤニヤして! アンタ、信じてないでしょ! ちょ、なによ、近づきすぎよ。ちょ、やめ、ん……! んんー!?


田中「見たことのない成人男性だが、この面影は、たしかにブライアン坊やだっ」


ブライアン「ダディ。マミィ。サンキュー。いままで本当にサンキュー。ミーはご覧のとおり、立派に成人しました。もう、ダディとマミィにお世話になることもないのです。これからは、この身一つで生きていくでござる。神に会うては神を斬り、仏に会うては仏を斬りをモットーに、明るい笑いを振りまいて、恋に友情にはりきる所存でござる。それでは、ミーは家をでるでござる。いざ出陣。戦場の名は人生っ」


ワイフ「待って! 待っておくれ、ブライアン坊や。私のかわいいブライアン坊や!」


田中さん「待つんだブライアン坊や。待ちなさい」


ブライアン「もう、ミーは、坊やでは、ありません、ので、おさらばで、ございます」


 ブライアン坊やは、いや、ミスターブライアンは、外へと飛び出していきました。生まれたままの姿で。その瞬間、銃撃音。微笑町ではわいせつ物陳列罪は、その場で処刑オッケー♪ な重罪なのです。ライフル協会が強い力を持つ微笑町では、笑顔と同じくらい銃があふれているので、すなわちわいせつ物陳列座位=即射殺の危険性高し。


田中さん「ブライアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!」


 こうして


 またひとつ


 命が星になりました。


 尊い命が天へと還りました。


 地球よりも重いといわれている命が。


 命を慈しむ心と手をもちながら、

 
 人はなぜ命を奪うのか?


 人はなぜ悲しみを生み出し続けるのか?


 人はなぜ笑顔の尊さを簡単に忘れることができるのか?


 わかるかなぁ~わかんねぇだろうなぁ~


 ヘヘェ〜イ、シャバダバダディ〜、イェーイ。


 俺が昔、夕焼けだった頃、弟は小焼けだった。お袋は霜焼けで、親父は胸やけだった。


 わっかるかな~ わっかんねぇだろうなぁ
 
 
 すべての責任から逃れられるようになる薬は、田中さんを「親の責任」からも解放したのでした。
人間、ある程度の責任を負っていたのほうがいいのやもしれませんね。ようわからんけどね。

 

スポンサーサイト
新作 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「平和のためなら女房もなかす」の巻
 平和な世界を築くためならば、傷害も辞さない、殺人も辞さない、戦争も辞さない、人類滅亡も辞さない女。その名はルナちゃん。兵器の存在は(特定の国の所持しているもの以外は)断固として許さないルナちゃん。「争いの原因は武器にあり。武器を作るやつをなんとかする!」と、昨日は米軍基地、明日は死の商人の秘密基地。そして今日は微笑町の包丁を製造しているメーカーへ!!


ルナちゃん「人殺しの道具になる包丁を作るなー作るなー」


メーカーの人「悪いのは包丁じゃなくて、包丁を悪事に使うやつだろうがー」


ルナちゃん「聞く耳を持たないわね。平和を愛さぬ悪の使途め! 腐れ外道め! でも安心。マルぼんからがめてきた、武器を消滅させる機密道具があるわ。これを使って、包丁を消す!」


 しかしこの道具。対象の物に近づいて使わねばなりません。包丁のしまわれているところは、メーカーの男性社員がいて入れそうもないです。


ルナちゃん「仕方ない」


 ルナちゃん、おもむろに服を脱ぎだして


ルナちゃん「汗ばむわぁ」


 色仕掛け開始。しかし男性職員は「なにしてんだこいつ」という反応。よかった! ロリじゃなくて!


ルナちゃん「むせるわぁ」


 焦って、さらに服を脱ごうとしたその瞬間。ルナちゃんの体がいきなり変化。胸がしぼみ、代わりに下半身の一部が膨らみ、全体的に大柄になり、肩幅が広くなり、喉仏が隆起し、髭が生えて、声は野太くなり……ようするに男体化! 


ルナちゃん「こ、これはどういうこと!?」


マルぼん「機密道具の力で武器が消えたんだな。女の武器が」


新作 | 16:44:17 | Trackback(0) | Comments(0)
「エスカレーター」の巻
金歯「この度転校することになったでおじゃる。エスカレーター式で、大学まですんなり上がれる学校にね。一般庶民ども、おさらばでおじゃるー」


ヒロシ「くやちい! 僕もエスカレーター式で大学まで楽にあがりたい!」


マルぼん「『エスカセーター』。こいつを着れば、今すぐにでも入れるエスカレーター式の学校が見つかり、そこに入学することができる」


 ヒロシは『エスカセーター』を着て、関西の学校へと入学することになりました。そして数年後。マルぼんは久しぶりにヒロシと再会しました。


ヒロシ「日本はなぁ、日本国民はなぁ、とにかく全世界に謝罪しなきゃならんのだよぉ! というかこんな国、ぶっこわれたらいいんだ。国と言う枠をぶっつぶせ! そして平等で平和な世界を作らなきゃならん。平等と平和を望まないやつは、死んだらいいんだ。というか死ね」


マルぼん「えらく片方に偏りまくった思想になっているじゃないか。いったいどうして……あ、そういえば聞いたことがある。たしか」


 関西のエスカレーターは、左側通行。

新作 | 17:25:17 | Trackback(0) | Comments(0)
「ケモミミルナちゃん町を行く!」の巻
 選挙が近づいたので、ルナちゃんは大忙し。


特定の政党を応援するように知人友人を昼夜問わずに訪ねまくったり、


 特定の政党を応援するようにしばらく疎遠だった相手にも容赦なく電話しまくったり、


 特定の政党から出馬する人の対立候補に事務所を貸している人の家に仲間と一緒に押しかけて恫喝したり、


 特定の政党から出馬する人の対立候補が街頭演説を行う予定の場所で仲間と一緒に座り込んで妨害したり、


 特定の政党から出馬する人の対立候補が街頭演説を行っている時に仲間と一緒に大声で罵声を浴びせたり、


 特定の政党から出馬する人への投票数を少しでも増やすべく別の街に住んでいる仲間の住民票を微笑町に移動させたり、


 とにかくとにかく大忙し。気づくと、


ナウマン象「マナちゃーん」


金歯「マナちゃーんこっち向いてー」


ヒロシ「マナちゃんー!! 髪の毛とか切った爪とか、風呂の残り湯ちょうだーい」


 ポッと出の新キャラ、マナちゃんに『マルぼんと暮らす』のヒロインの座を奪われていたのでした。


ルナちゃん「こんなの絶対におかしいわ! どういうことよ、ヒロシさん」


ヒロシ「かつて君に萌えさせていただいた身から言わしてもらうとだね、ヒロイン力が足りぬのだよ。ヒロイン力。ヒロイン力の足りぬものが、ヒロインの座から引きずりおろされるのは自然の摂理だよ。おわかり?」


ルナちゃん「なにがなんだかよくわからないけれど、ヒロイン力を高めれば、私はヒロインに返り咲けるのね!? どうすればヒロイン力は高まるの? 教えて、ヒロシさん! 教えてくれたら、来るべき災厄の日に、我が教団の信者のみが搭乗を許される救いの舟『エレカンタレニムゲムキャックメー号』に、特別に乗せてあげるわ! 本来なら100万円の乗船料がかかるけど、99万9,999円にまけてあげるし」


ヒロシ「そんな。得体のしれない船に乗るのはごめんこうむるよ。仮にも色々お世話になったし、見返りなしで教えてあげる。獣耳を付けるんだ」


ルナちゃん「獣耳?」


ヒロシ「猫耳でもなんでもいい。獣耳をつけるんだよ。そしたら、あざとさがアップして、ヒロイン力も跳ね上がるはずだ。さぁ、この鎌を使うといい。この鎌で動物を切りつけるとだな、その動物の耳が頭頂部に生えてくる」


 動物を切りつけるとか言っていますけど、切られた動物は死にません。命に別条はありません。いやマジで。当です。信じて下さい。しかるべき機関に連絡とかしないでください。俺には女房子供がいるんです。


ルナちゃん「わかったわ! ヒロインに戻れるのなら、獣耳を生やすことくらいたやすいことよ!」


 そしてルナちゃんは、切りつける対象の獣を求めて、鎌をかまえて町へと繰り出しました。


ルナちゃん「あ、ニャンニャンがいる!」


 手頃な猫を発見したので、即座に切りつけようとしましたが、誤って近くにいたおっさんを切りつけてしまいました。


おっさん「げふらっ」


 おっさん、血を吐いて逝去。するとどうでしょう。ルナちゃんの頭に、耳が生えてきました。おっさんの耳が!


ルナちゃん「なんで!? 切ったのはおっさんよ! 獣じゃないのよ!? なしておっさんの耳が生えてくるのん!?」


ヒロシ「このおっさん、どこかでみたことがあると思っていたんだけど、指名手配犯だよ。可愛い子ばかりを狙う、卑劣な痴漢! ケダモノ野郎だ!」



新作 | 13:10:43 | Trackback(0) | Comments(0)