■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
就職記 第1話「竹内うね、死す」
目次


 2014年8月。某県某市薄笑町在住の、無職・竹内うねさん87歳が息を引き取った。うねさんと二人暮らしをしていた孫の竹内少年(10歳)は、うねを荼毘に付した後、学校で担任の教師に今後の身のふり方を相談するのだった。


竹内「先生。これで僕も天涯孤独。これからは生活保護をうけて、ひとりで生きていくのですね」


担任「ばかもの。小学生一人が生活保護を受けれるものかよ」


竹内「すると、僕は施設へ?」


担任「施設はないな。おまえ、天涯孤独とか言っているけどさ、きちんといるじゃねえかよ、身内」


竹内「え」


担任「うねさんの妹だって人から、さっき連絡があったぞ。おまえを引き取りたいって。たしか名前は……」


竹内「もしかして。たね。竹内たね、ですか」


担任「そうそう。その、たねさんだ。竹内たねさん」


竹内「……」


担任「どうした」


竹内「終わった」


担任「は?」


竹内「おわったわー!! 僕の人生おわったわー!! 早くも来世に乞うご期待だわー!!!」


メガネ「竹内。そのたねさんとやらが苦手なのでヤンスか」


 不安定になった竹内を心配して声をかけたのは、彼の親友であるメガネくん。


竹内「苦手ってもんじゃないよ。たねさんはたまにうちに泊まりにくるんだけど、僕のことを親の敵のように毛嫌いしているみたいで、色々といやなことをしてくるんだ」


メガネ「それは聞き捨てならんでヤンスな! よかったら話してみてほしいでヤンス」


竹内「僕が風呂に入ろうとするとね、『綺麗に洗うかどうかみてやる』とか言って、無理やり一緒にはいってくるんだ」


メガネ「ほう」


竹内「僕は自分で洗えるのに、やたらと下半身を洗おうとしてくるんだ」


メガネ「ほうほう」


竹内「夜、僕の布団に寝ぼけて入ってくることもあった。何度言っても入ってくるし、あれは寝ぼけなんかじゃないよ。やたら密着してくるし、あれは僕を暑さで眠らせないようするための作戦だ」


メガネ「ほうほうほう」


竹内「『間違えた』とか言って、僕の箸や歯ブラシを勝手につかうし」


メガネ「ほうほうほうほう」


竹内「たねさんが帰った後は、僕の下着が大量になくなっているし。嫌がらせ隠しているに違いないよ」


メガネ「う、うらやましいいいいいいいいいいいいいいい!!」


 興奮するメガネくん。彼は早熟だったのです。


担任「メガネよ。うらやましいって言うけどよ、相手は87歳の人の妹だぜ。それなりの年齢やで。冷静になれよ」


メガネ「それはもちろん承知の上で、うらやましいいいいいいいいいいいいい!!」


 繰り返すようですが、彼は早熟だったのです。熟女もいけるくらい早熟だったのです。


竹内「うらやましいってなんだよ。こちとら真剣になやんでるんでえ!」


メガネ「メンゴメンゴ」


担任「たねさんからの伝言あるぞ。『明日、迎えに行くので、いらんものは捨てに捨てて、身ひとつで待っておくように。本気の身ひとつ。服もなしの、ガチ身ひとつ」


メガネ「うらやましいいいいいいいいいいいいいいい!!」


竹内「身ひとつになる意味はよくわからんですが、明日には転校ってことですか!」


担任「そうやなぁ」


 突然の転校の知らせに、事の成り行きを見守っていた同級生たちが騒ぎだす。なお、個人情報保護の関係で、登場する小学生の名前はすべて彼らにつけられているあだ名で表示いたしますことをあらかじめご了承ください。


うずら焼酎「いくらなんでも急すぎる!」


子どもホステス「大人の横暴よ!」


入道結石「諸行無常!」


プーチンもどき「手紙かくぜ! 返事くれよな!」


もつアップル「神も仏もあるものか!」


おかっぱニャンにゃン丸「先生なんとかならへんの!?」


 同級生たちの声も、転校がショックな竹内少年の耳には入らないのであった。つづく。


                                                                  第2話へ






スポンサーサイト
就職記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
就職記 目次
                        


           第1話  竹内うね、死す

           第2話  ご存じ! 臓器密売組織(仮題)

           第3話  執刀医がおっちょこちょい(仮題)

           第4話  嫁がゴリラよお父さん(仮題)

           第5話  決戦! 痛風VS糖尿(仮題)

           第6話  あたいが愛したツベルクリン(仮題)

                     

                

                          


                 


就職記 | 19:20:09 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。