■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昨日は夕方の4時頃に床についたわけなんですが目をつぶっても、どこかの国で材木かついで強制労働しているナウマン象の姿ばかりが頭に浮かんできて、まったく眠れませんでした。


ようやく眠気がでてきたと思ったらもう朝で「坊ちゃん、朝だっぺな」と、マルぼんに起こされる始末。朝めしも食べずにボーッとしていると、外から僕を呼ぶ声が。


 窓から外を見ると、大脳が手を振っていたので、とりあえず家にあがってもらいました。大脳は、初見のはずのマルぼんのグロボディもまるで意に介さず、なぜか金歯の悪口ばかり言いつづけていました。


大脳「あいつの親父が勤めている会社の工場、汚水を川に垂れ流しているんだ! 川からは、次々と異形のものが生まれて、夜な夜な子供たちを襲っているという伝承があるほどだ」


大脳「金歯の親父を内部告発しようとした社員は、家族ともども行方不明になったらしいぞ」


大脳「とんでもないろくでなしだよ、金歯は」


 悪口がひと段落ついた頃、


大脳「で、話は変わるんだけど、明日、エレファンズの新しいリーダーを決める選挙があるんだ」


 エレファンズとは、ナウマン象が仲間を集めて作った少年球団です。毎週土曜、近所の空き地(隅っこの方に『国有地』とかかれた看板が打ち捨てられている)で、隣町の野球チームと試合などするのです。僕も一応、所属していたりします。


 リーダーであるナウマン象が、あんな悲劇に見舞われたので、二代目リーダーを選ぶ選挙が開催される模様。玉拾いばかりの僕にも、一応投票権はあります。腐っても投票権。一票は一票。


大脳「で、俺は立候補しているんだけど、金歯のやつも立候補しているんだ。でも、ろくでなしの金歯なんて、野球チームのリーダーにふさわしくないよな。そうなるとふさわしいのは……な? わかるだろ?」


マルぼん「そういうことなら、もらうもんもらわんとねえ。な? 坊ちゃん」


 意地汚い発言のマルぼん。曇る大脳の表情。


大脳「仕方がないな……これをやるよ」


 大脳が差し出してきた、一枚の千円札。


大脳「明日は俺に投票してくれるよな?」


 大脳が言い終わる前に、僕は首を縦に振っていました。それと同時に、この分だと金持ちの息子である金歯は、もっとくれるんだろうなとか、考えていました。欲しかったあのゲーム、買えそうな予感。次回からこのブログは、ゲームのプレイ日記中心となります!


スポンサーサイト
日記 | 17:33:56 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。