■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
目を開ければ無限のあした
とりあえず、あちこち回ってバイトを探したんですけど、戸籍のない怪生物であるマルぼんを雇ってくれる所があるハズもなく、これ以上ないくらい無駄な1日でした。


で、疲れきった体を引きづりながら帰宅すると、家の前にパトカーが止まっているじゃありませんか。


 なにごとかと思っていると、「ヒロシが帰らない」とママさんが警官に話しているじゃありませんか。気付くの遅いよ、ママさん。これが母である前に女であることを選んだ者か。


 あ、そういえば、話題のヒロシからさっき電話があったんですよ。


「富士山麓が……」「サティアンが」とか、やっぱり意味の分からない事を言ってました。


 とりあえず早く帰って来い、と言ってこっちから切ったんですけど、警察に話したほうが良いんでしょうか? でも下手に国家権力と関わって、保健所とかに連れて行かれても困るから、黙っておくことにしました。

スポンサーサイト
日記 | 14:32:20 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。