■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ぬくもりのなかで……
 よせばいいのに、金歯宅へ遊びに行ったヒロシとルナちゃん。そこで繰り広げられるのは、自慢の嵐。自慢の嵐。大正桜に自慢の嵐。


金歯「ほら、このタンスをご覧。これは、子供を狙った殺人犯ばかりが収監されるサイハテブリズンで、受刑者が作業の一環として作ったタンスなのでおじゃる。むろん、手作り!」


金歯「朕が着ているこの服は、痴漢で捕まったやつのみが収監されるエクスタシープリズンの囚人が作ったもの」


金歯「朕の家にあるものは、みーんな手作りなんでおじゃる。ひとつひとつ、心をこめて作られた、手作りばかりなのでおじゃる」


金歯「どうせ、うぬらの家にあるものは、機械のパワーで大量生産された粗悪品でおじゃろ。温もりも何も感じない、文明社会の負の遺産ばかりでおじゃろ?悲しいね。せつないね。生きててさびしくならないでおじゃるか?」


ルナちゃん「どちくしょう!! うらやましいー! 私も、身の回りのものを手作り品で固めて、人の温もりに包まれた生活を送りたーい。でも、手作りのものを買う経済的余裕、皆無ー(カネがあったらお布施するから)。いろんなものを作れる男の人ってかっこいいー(ちらっ)」


ヒロシ「ルナちゃんが僕に期待しておられる。メインヒロインが僕に期待しておられる!」


 フラグをたてるチャンス、到来だよ! 御帰宅したヒロシさん。当然、マルぼんに泣きつきやがります。


ヒロシ「不器用な僕でも、なんでもかんでも手作りできるようになる道具だしてー!!」


マルぼん「まかせな」


 そんなわけでマルぼんが出した機密道具は


マルぼん「『ハンド・メイド・フィギュア』~」


 手のひらサイズの、小さなメイドさんフィギュアでした。


マルぼん「こいつを置いておくと、ものすごい勢いで、なんでも手作りできる技術が身につくんだ『ハンドメイド』と『メイドさん』をかけた、マルぼん渾身の機密道具さ」


ヒロシ「パクリやん。『HAND MAID マイ』の続きを、いまだに待っている僕をなめてんの? ブチ死なすよ?」


マルぼん「ごめんなさい」


 パクリだけど、効果はオリジナルです。念のため。


マルぼん「とりあえず今夜一晩、枕元にでも置いておけば、すこしづつ効果が現れるはずだ」


ヒロシ「よし! ルナちゃんフラグ、ゲットだぜ!」


 そんなわけで翌朝。


マルぼん「おい、起きろ」


ヒロシ「なんだよ……今日は登校拒否だよ、登校拒否。僕は義務教育に叛旗を翻したアウトローを気取るって今決めたんだ」


マルぼん「いいから起きろ。そして手を見てみろ」


ヒロシ「ったく。なんだよ……。って、ああ!?」


 なんということでしょう。ヒロシの手が、なんといいましょうか、「親と子が肩を寄せ合い、笑いながら楽しめるブログ」を目指す『マルぼんと暮らす』にはそぐわない、わいせつ物、でも、人類の繁栄のためには欠かせないアレ。「ち」で始まったりとか、「ぺ」で始まったりとか、「だ」で始まったりとかする、アレと化していたのです。


 しかも両手とも。


ヒロシ「ふはっ! なんだよこれーこれー!!」


マルぼん「手にモザイクがかかる道具だしてやるから、残りの人生、笑顔を忘れぬように生きろ」


ヒロシ「そういう努力はするつもりだけど、なんでこんなになっているんだよー!!」


マルぼん「『ハンド・メイド・フィギュア』の効果さ。なんでもかんでも手作りできるようになるんだ。そりゃ子供だって手で作るようになるさ」



スポンサーサイト
日記 | 10:49:16 | Trackback(0) | Comments(0)
ルナちゃんENDアフターストーリー
 フラグをたてまくり、好感度を上げまくり、ロードしまくりで苦節数年。ついにルナちゃんENDを迎える事に成功したヒロシ(CGも全回収)。2人は結婚し、ヒロシはルナちゃんが熱心に活動している宗教に潜り込んで、
いつの間にやら2代目教祖(ルナちゃんが前教祖の隠し子というウルトラC)。「さぁ、これからどんどん儲けるぞー!!」と決意を新たにした矢先。なんと信者数が……


ルナちゃん「激減しているのよ!」


ヒロシ「それはあれだ。政府のやつらが、我々の活動を陰から妨害しているんだ。大丈夫。対策は既にとってあるから!」


ルナちゃん「そんな問題じゃないわ。アナタの言葉が軽すぎるのが悪いのよ。あれじゃ信者もドン引きするわ!」


 悩みの相談にきた信者(以下、「金ヅル」と呼びます)にアドバイスするのは教祖の大切な仕事。でもヒロシのアドバイスはすこぶる評判が悪いのです。どんな悩みに対しても「金だよ金。金で解決ぶぁいぶぁいぶぁいぶぁいぶぁーい」とかヘンテコなアドバイスしかせんのです。


 辛いことから逃げて、しんどいことから逃げて、苦しいことから逃げて……そんな感じで今日に至ったヒロシには人の痛みや苦しみってのが理解できないのです。これでは痛みや悩みで苦しむ人に適切なアドバイスをできるはずもなく、せっかく先代教祖が汗水流してほどこしたマインドコントロールが光の早さで解けていくのも仕方のない話です。


ヒロシ「苦しみってなに? 食べられるの? 美味しいの? 今晩のおかずにして!」


ルナちゃん「ダメだこりゃ! 終わったよ! 我が教団完全に終わったよう! 贅沢三昧もできなくなる!」


マルぼん「あきらめてはいけない。今からも人の痛みや苦しみってのを理解させれば、こんな屑にも教祖としての自覚ができて、それなりの使い道ができるはずだ」


ヒロシ「マルぼん! まさかなんかの道具を僕に使ったのか!?」


マルぼん「ふふふ。ヒロシくん。昨日より髪の毛が多くなったと思わないかい?」


ルナちゃん「そう言われてみたら……フッサフサね」


マルぼん「それは今現在入信している全ての金ヅルの毛を、植毛したからだよ!」


 未来の世界には『痛みわ毛技術』という特殊な植毛技術があり、この技術で毛を移植された人は、
その毛の元の生え主とありとあらゆる痛みと苦しみを共有することになるのです。


ヒロシ「うわ! なんか指先にいきなり傷ができた! 痛っ! 血もでたぞ!?」


マルぼん「信者のだれかが誤って指先を切ったんだな。その痛みを共有したわけだ」


ヒロシ「痛みだけじゃなくて、傷そのものも共有するのかよ! 勘弁してよ! 信者が大けがでもしたら、えらいことになっちゃうよ」


マルぼん「実態の伴わない痛みには意味がないからね」


信者「尊師。そろそろお祈りの時間です」


ヒロシ「な、なんだよこの大変な時に! お祈りなんていつも朝と晩しかしないだろうに。まだ昼だぜ」


信者「そろそろ、ヌッぺダポッターダが悠久へ旅立つ時間です。彼の魂が安らかに逝けるようにお祈りしなければ」


ヒロシ「あ」


 ヌッぺダポッターダ(ホーリーネーム)は、先代の頃からいる古株狂金ヅルです。金ヅル数が減っている今も熱心に活動してくれる頼りになる金ヅルです。「信仰のためならいつでも死ねる。笑顔で死ねる」という金ヅルです。


信者「1週間前に、『政府が我々の活動を妨害するから報復しなれければならぬ』と、政府関係施設での爆弾での自爆テロを命じられたではないですか」


信者「今日の14時が実行時間なんですよ。お忘れになりましたか? え? ストップさせろって? 無理ですよ。もう13時59分なんですから」


信者「ああ、もう30秒を切ってしまってるじゃないですか。早くお祈りをしてあげてださい。なにそんなに慌てているんです?」


信者「あと5秒……4…3…2…1……はい、14時!」


日記 | 18:30:31 | Trackback(0) | Comments(0)
シリーズ労働とは? 第1回「ネクロマンサー」
ヒロシ「ネクロマンサーになりてー。生計をたててー。食っていきてー。無理なら気分だけでも味わいてー」


 ネクロマンサーってのは、死体をゾンビとかにして操ったりする職業です。ファンタジーとかによくでてきますね。2010年度の、「子供のなりたい職業ランキング」で1位になったのも記憶に新しいでしょう。


マルぼん「なに言ってんだ腐れバカ。と言いたいところだけど、口を開けば『働きたくないよ、働きたくないよ、労働なんて概念滅びろ』と言っていたおまえが、初めてみせた労働意欲! マルぼんは大事にしたい! まかせな、気分だけでもなんとかしたるさかい」


 あちこちにもネクロマンサー養成学校とかできてますが、学費は高い。体験入学も数カ月待ちはあたりまえ。しかしマルぼんはやれる。マルぼんならできる。マルぼんが取り出したのは、一枚の封筒でありました。


マルぼん「その封筒に入っている素敵な中身を、ナウマン象の目の前でだしてみな」


ヒロシ「さすればネクロマンサー気分が味わえるのん? 楽勝じゃないの。人生イージーモードだな! よーし、それじゃさっそく、いってみようーやってみようー!」


 そんなわけで、封筒片手にナウマン象ところへ行く2人でありました。


ナウマン象「なんだテメー。テメーらなんだ。なんだテメー」


マルぼん「いまだ! 封筒の中身を!」


ヒロシ「よしきた! って、これは写真……!?」


 黄ばんだブリーフを頭にかぶった以外は生まれたままの姿であるナウマン象が、幼稚園と思われる場所であれこれ物色しているショッキングな写真でした。


マルぼん「こんな愚かな行為をして、その現場を写真まで撮影されるなんて、社会的に死んんだも同然だろ。つまりナウマン象は社会的な死者。『この写真、公表しちゃおっかなー』とでもいえば、ナウマン象はなんでも言うことを聞くだろう」


ヒロシ「本物の死者は用意できないからな、社会的な死者を操ることでネクロマンサー気分を味わえるってわけか。考えたな! ははははは」


マルぼん「ふふふふふふふふふ」


ヒロシ「あははははははははは」


ナウマン象「はい! 口封じー!」


 鈍器のようなもので、頭部をドカっ。さよならヒロシ、また来世(享年35歳)。完。



日記 | 18:39:56 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。