■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
運ぶのは、まごころ。そして愛。


ママさん「ヒロシ。隣町のおばさん(元女子プロレスラー)に借りてた、このコーナーポストを返さなきゃいけなくなったのー。ちょっとお願いねー」


ヒロシ「やだよ。僕は華も恥らう小学生だよ? コーナーポストなてん、運べやしないよ」


ママさん「運ばなきゃ、しつけと称して、しつけと称して……」


 近くにあった包丁に手を伸ばすママさん。


ヒロシ「わぁ、運びます。運びます!」

  
 こうしてヒロシは、コーナーポストを隣町に住むおばさんのところまで運ぶはめになりました。


ヒロシ「とほほほ。神も仏もないものか。コーナーポストなんて、とてもじゃないけど運べないよう」


マルぼん「でも、運ばなきゃ『しつけと称して』だろ」


ヒロシ「そうなんだよ。ううう。どうしよう。このままだと、『転んだだけなんです』と周囲に説明する日々が始まってしまうよ。」


マルぼん「『配達屋さんキャップ』。このキャップを誰でもいいからかぶせてみな」


ヒロシ「あ、ナウマン象が空を見上げ、せつない表情をして歩いているぞ。ちょうどいいや、えい!」


ナウマン象「ヒロシ、てめえ、なにかぶせやがった」


マルぼん「『このコーナーポストを、隣町に住むヒロシのおばさんのところまで運んで!』」


ナウマン象「はぁ? なんで俺が……って、はうあ!」


 ナウマン象、恍惚とした表情になりコーナーポストに抱きつきます。


ナウマン象「かわいい! かわいいいいい! なんて素敵なコーナーポスト! 性的すぎるぅ! 俺、こいつと添い遂げる!」


ナウマン象の母ちゃん「ナウマン象! なにしてんだい! また恥を晒すつもりなのかい! お止め!」


ナウマン象「たとえ母ちゃんでも、俺とこいつの恋を阻めない。さぁ、行こう、誰も邪魔しない恋の新世界へ!」


 ナウマン象は鉄柱コーナーポストをお姫様だっこすると、猛スピードで走り出しました。それを追いかけるナウマン象の母ちゃん。


マルぼん「追いかけよう。きっと隣町のおばさんの家の前まで行っているはずだから」


ヒロシ「どういうこと?」


マルぼん「『配達屋さんキャップ』は、かぶった人が配達屋さんになってしまう機密道具。キャップをかぶっている人に『××を○○まで運んで』と言えば、たとえ本人が嫌がっても『運ばなくてはいけない事態』が起こり、必ず
運ぶことになるんだ」


 おばさんの家まで行くと、ナウマン象の母ちゃんが息子さんをちぎっては投げ、ちぎっては投げしていました。辺りはナウマン象の肉片と血で、スプラッターランド化しております。
その近くには、あのコーナーポストが放置されてました。騒ぎに気付いたおばさんが家から出てきて


おばさん「まぁ、わざわざ運んでくれたのね。ありがとう。これはお駄賃よ」


ヒロシ「やたー!」


マルぼん「よかったよかった。あ、そうだ。マルぼんはこの近くに住んでいる昔の彼女に会いに行くから、さきに帰っときなよ。じゃあね」


ヒロシ「さて帰るか。しかしここからだとバスを使わないと帰れないな。バス代もったいないし……そうだ!」


 ヒロシは、ナウマン象から回収した『配達屋さんキャップ』を、通行人の若者にかぶせました。


若者「な、なんだ」


ヒロシ「『大沼ヒロシを自宅まで運んでください』」


若者「はぁ? なんで俺がそんなことを」


 と、その時。


「暴れ牛だー! 暴れ牛の大群が、押し寄せくるぞー! 逃げろー」


ヒロシ「ぎゃー!」


 ヒロシは、暴れ牛の大群にのみこまれ、そして……


若者「あ、おい、大丈夫か少年! しっかりしろ、しっかり……」


 そして月日は流れ、ここは大沼宅。


マルぼん「ヒロシのやつ、いったいぜんたいどこへ行ったのやら」


若者「あの、ここは大沼さんのお宅でしょうか?」


 訪ねてきたのは若い男性。白い布で包まれた箱を抱えています。それから、彼はなぜか『配達屋さんキャップ』をかぶっていました。


マルぼん「そうですが、なにか」

 
 マルぼんの返事を聞くと、若者は「やっとみつけた」と呟くと、ボロボロと涙を流し始め、抱えていた箱に話しかけました。涙で顔をくしゃくしゃにしながら、話しかけました。


若者「ようやく、ようやく家に帰ることができたな、少年」


 マルぼんは、ヒロシもきちんと配達できた『配達屋さんキャップ』の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 18:18:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。