■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
窓をあけましょ。ルルール呼んでみましょう
 ルナちゃんが部屋を改装したというので、見学に行きました。


ヒロシ「うわーひどい。部屋中全面ガラス張り!」


 ルナちゃんの部屋は、天井も壁も床も全てガラス張りになっていたのです。


ルナちゃん「私の部屋はね、これ全て窓なの」


ヒロシ「窓」


ルナちゃん「そう、窓。窓から射す太陽の聖なる光が、私を四六時中包み込んでくれるのよ。それにより、私の体は清められ、生命体としてさらに上の存在になるの」


マルぼん「紫外線とかきつくない?」


ルナちゃん「紫外線は、我が教団では『死外線』と書くの。浴びれば浴びるほど死という運命から外れるのよ。さぁ、太陽の光よ私を焼いて!」


ヒロシ「インチキ宗教のインチキな教えにはカケラも興味はないけれど、大きな窓は憧れるなぁ」


 望まぬ子としてこの世に生を受けたヒロシは、誕生以来、大沼宅の地下に造られた座敷牢で生活しており、
そこに窓はありません。憧れてしまうのも無理はありません。


マルぼん「そうだ。いっそのこと部屋に大きな窓でも作ろうか。『お手軽工事ロボ』。どんな工事でも簡単丁寧迅速にしてくれるロボットなの」


ヒロシ「こいつで僕の部屋に素敵な窓がつくれるってわけだね。やったー!」


 わくわくしながら帰宅すると、家の前に人だかりができていました。


男「あそこいるのは、あの女の息子じゃないか! おい、母親はどこへ行った!」


ヒロシ「な、なんですか。母は一週間前から旅行へ行っています」


男「おまえの母親なぁ、うちの息子をたぶらかして100万も借金させたんや!」


女「私は騙されて、母親の形見の着物を取られたわ、あなたの母親に! 『米と着物を交換してやる』というから着物を渡したのに、肝心の米を渡してくれないの!」


男2「俺は通帳を奪われたぞ!」


男3「俺は希望に満ち溢れた明日を奪われた!」


女2「あたいは家と土地を騙し取られたわ!」


男4「ヤツはとんでもないものを盗んでいきました。私の財布です」


一同「どうしてくれる!?」


ヒロシ「そ、そんなこと言われましても!」


 こうして大沼宅には窓ができました。ママさんに関する苦情を受け付ける、ヒロシという名の窓口が。マルぼんは『お手軽工事ロボ』の効果は絶大と思いました。

スポンサーサイト
日記 | 18:42:54 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。