■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いじめカッコ悪い
ヒロシ「僕は知ってるあの歌を~♪」


ナウマン象「ヒーローシーくん☆」


ヒロシ「げ、ナウマン象…!! や、やめてよ、往来で抱きついてこないでよ。僕は異性にしか興味ないよう」


ナウマン象「もうキミを離さないぞう」


ヒロシ「は、離してください、人を呼びますぞ」


ナウマン象「いまだ!」


ヒロシ「!?」


 着ていたものを脱ぎすて、今まさに生まれたままの姿になるナウマン象。なんと、体中にダイナマイトを身につけていました。


ナウマン象「これが21世紀のいじめじゃーい!!」」


 ダイナマイトに火をつけるナウマン象。ナウマン象の新いじめ『自爆』の餌食となり、微笑町はこの世から消滅しました。


マルぼん「もう、その程度の自爆で怪我するなんて情けないなぁ」


 帰宅したヒロシを消毒してあげながらボヤくマルぼん。


ヒロシ「そんなこと言ってもさぁ…畜生、いてて。しみるしみる。どんな攻撃も受け付けない鋼のようなボディが
欲しいよ……」


マルぼん「鋼のボディは無理かもしれないけど、どんな攻撃も受け付けないバリアーを常に体に発生させる薬ならあるよ」


ヒロシ「ほ、ほんと!?」


マルぼん「この『ミオマモルンPD』を飲んでみな」


ヒロシ「こ、こう? ゴクッ。あ、なんか、光の膜が僕を包み込みましたよ?」


マルぼん「そいつがバリアーさ。どんな攻撃も防いでくれる」


ナウマン象「ヒロシ、俺と死ね!!」


ヒロシ「ゲゲぇ!! 日本刀を持ったナウマン象!!」


ナウマン象「涅槃で待つ!!」


ヒロシ「うわぁぁぁぁ!!」


 ところがどっこい、ナウマン象の日本刀はバリアーに弾かれで折れてしまいました。ショックでナウマン象切腹。ああ、さらば、最後のサムライよ!!


ヒロシ「すごいや、これで僕は無敵だね…って、ううっ」


マルぼん「どうした」


ヒロシ「腹が…痛い…腹が痛いですぅ!」


 病院に搬送されるヒロシ。


医者「とりあえず、鎮静剤を適当に打ってみますね。あ」


マルぼん「どうしました?」


医者「注射器の針が折れました」


 注射器もメスもバリアーが弾いてしまうので治療が行えず、その夜、ヒロシは亡くなりました。


 遺体は荼毘に付されましたが、ヒロシの体はバリアーのおかげでまったく燃えていませんでした。おかげで遺体は、そのままです。遺体がそのままなんて、ちょっとえらい人の遺体みたいでいい感じじゃないですか。はい、ハッピーエンド。

スポンサーサイト
日記 | 18:16:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。