■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
にくしみは糧、明日を生きるための糧
ルナちゃん「たいへんたいへん! 金歯さんが、自宅の超大型金庫の中に入って遊んでいたら、
勝手に鍵がかかってしまい、閉じ込められたんだって! ものの数秒で空気がなくなって、金歯さんは死去よ!」


ナウマン象「そいつ大変だ。よし、俺にまかせろ!」


 ナウマン象は、一撃で巨大金庫を粉砕。金歯は無事に救出されました。


金歯「ナウマン象、だーいすき」


ナウマン象「がははは。がははは。力こそ正義」


ヒロシ「すごいや。どうやったらナウマン象みたいにすごいパワーを身につけることができるの」


ナウマン象「パワーの源か。そうだな。マーマが、繁華街で外国人から買うという、接種すると気持ちが大きくなるお薬かな」


ヒロシ「マルぼん、僕もパワーの源になるような、素敵な食べ物が欲しいよ」


マルぼん「プロテインとか飲めばいいんだ」


ヒロシ「ちょっと苦手なんだよね」


マルぼん「しょうがないなー『パワーの素』。これを入れた食べ物は、たとえ残飯であろうが
ジャンクフードであろうが、力がつく食べ物になるの」


ヒロシ「よし。これを大好きなカレーライスに入れて、カレーライスを僕のパワーの素にしてやるぞ」


ルナちゃん「あら、それはなに? おいしそうね、ちょうだい」


『パワーの素』を横取りして食らう、僕らのヒロイン。


ルナちゃん「うげほっ(吐血)」


ヒロシ「将来、僕の奥さんになる予定の人が死んだ!」


マルぼん「『パワーの素』は、そのまま食うと猛毒なんだ」


ヒロシ「貴様、そんな危ないものを出すなんて! 人殺し!」


マルぼん「マルぼん知らないもーん! 命はいつか尽きるものだもーん」


ヒロシ「貴様! 貴様! 貴様ー!!」


マルぼん(この目! この野獣のような目! ヒロシ、オマエはマルぼんを殺すつもり…!)


 見たことのないようなヒロシの目に恐れをなしたマルぼんは、とっさに体を液状化させ、
下水道へと逃げ出しました。


ヒロシ「く! 逃げたか! だが、だが逃がさんぞ! 必ず貴様を見つけ出し、ルナちゃんの敵をとってやる!」


ナウマン象「力こそ正義~ヒロシ、なんかいらいらするからちょっと殴らせ……ぶべら」


金歯「ヒロシのパンチがナウマン象さまの顔面を直撃! ナウマン象の頭部が、勢いで爆発四散したでおじゃる!」


ヒロシ「貴様など敵ではござらぬよ! 僕の敵はマルぼんのみ。ヤツを討ち果たすまでは、死んでも死なない。立ちふさがる全てを破壊するっ」


 マルぼんは、ヒロシに『ルナちゃんの死』『マルぼんへの憎しみ』というパワーの源を与えてくれた、『パワーの素』の効果は絶大だと思いました。下水道で。汚物まみれになりながら。

スポンサーサイト
日記 | 10:33:40 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。