■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
下衆野郎 隣はなにを する人ぞ
ヒロシ「あ! 愛らしい女の子が、赤信号なのに道路を横断しようとしているぞ!」


ルナちゃん「危ない! トラックが!」


金歯「生死体が見られると聞いて!」←金歯は死体フェチという設定を今考えました


女の子「はぁっ!」


 女の子に激突しようとしたトラックが、突然爆発四散しました。


運転手「腕がー腕がー」


一同「……」


女の子「ワタシはじつは魔法少女なのです。魔法の力で、迫りくるトラックの一台や二台、ウインクひとつで爆破させることが可能なのですよ」


ヒロシ「こいつは1本取られた!」


金歯「まいったでおじゃるね。少女さん、魔法の力で死体とかだしてー」


ルナちゃん「魔法少女さんマンセー」


ナウマン象「な、なんだよてめえら! ポッと出の魔法少女をちやほやしてさ! 俺だって、信号無視の1回や2回」


ヒロシ「あ、やめろ、ナウマン象! ナウマン象ー!!」


 中略(この間、ナウマン象死亡。死亡)


ヒロシ「というわけで、僕も信号無視などやってみたいと思うわけで」


マルぼん「勝手に信号無視すればいいじゃん」


ヒロシ「そんな度胸はカケラもないわけで」


マルぼん「『度胸経典』このお経を読経すれば、信号無視をしても良心の呵責に悩まされない度胸がつく!」


 さっそく『度胸経典』を読経するヒロシ。


ヒロシ「OH! この心の奥底からみなぎってくるパワー! 無視れる! 今の僕なら、余裕で信号を無視れる! ははは…うっ」


マルぼん「どうした」


ヒロシ「最近、なぜか異様に腹が痛むことがるんだ。血便もでるし。まぁ、大丈夫だと思うけど。
それより、信号を無視して悦に浸ってくる!」


 体の異常を訴える『自覚症状』という名の信号まで無視する度胸のついたヒロシ。マルぼんは『度胸経典』の効果は絶大だと思いました。


スポンサーサイト
日記 | 18:08:46 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。