■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鉄アレイに幸あれい

鉄アレイ(担任)「もう一度聞くぞ、大沼。1+1は?」 


ヒロシ「∞(むげんだい)です」


鉄アレイ「2だよ、2!! なんだよ∞って!! アシュラマンか!!」


ヒロシ「可能性とは無限にあるものです。1+1の可能性だって、例外じゃない。
2が答えとは限らない。限らないんです!!」


鉄アレイ「はぁ? バッカじゃねえの!? バッカじゃねえの!? 頭の中身どうなってんの!? 中身見せてみろよ」


ヒロシ「てなことで、学校で、上記のようなことがあったんだ。鉄アレイの件は微笑町教育委員会に『教師のこころない一言で、心がとても傷つきました。夜眠れません。PTSDです。夢でうなされます。PTSDです。診断の結果? そんなの受けなくてもわかります。PTSDです。疑うんですか。訴えます』と連絡しておいたから、失格教師強制収容所(穴を10メートル掘り、掘り終ったらその穴をすぐ埋めるという労働が永久に続く、ある意味快楽の園)送りで一安心なんだけど、なんというか、本当に自分の頭の中を覗きたくなったんだよ」


マルぼん「それなら簡単さ。この『脳内USBコード』で脳とパソコンを繋げば、好きなだけ見ることができるよー」


ヒロシ「……それ、前も使ったよね。たしか外科手術が必要で、その手術は激痛が」


マルぼん「さぁ、手術の準備はできているよ」


ヒロシ「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


 そして


ヒロシ「へえ。これが僕の脳内か。お。ルナちゃんフォルダだって。あ、今まで僕が妄想したルナちゃんの痴態が、全て残されているぞ」


 パソコンに映し出された自分の脳内のフォルダを見て、感心するヒロシ


ヒロシ「へえ。ナウマン象フォルダ。あ、今まで僕が妄想したナウマン象の痴態……」


マルぼん「ど、どした!?」


ヒロシ「ぶぶぶっぶぶぶぶっぶぶぶぶぶっ!!」


マルぼん「こ、これは…ウイルス!!」


 どうやらUSBを通じて、ヒロシ脳がコンピューターウイルスに犯されたようです。マルぼんは、未来の世界の消費者センターに連絡しました。


マルぼん「脳を初期化するしかない!?」


ヒロシ「ハーイ チャーン バブー」


 そんなわけで、脳を初期化したヒロシは、二度目の0歳を満喫しています。安心してください。ヒロシは国が責任をもって育ててくれます。マルぼんも新たな人生を満喫します。

スポンサーサイト
日記 | 15:56:41 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。