■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
はんはんふーはんはんふー

ヒロシ「あー誰か借金の連帯保証人になってくれないかな。この借用書の『連帯保証人』の欄に判を押してくれるだけでいいんだけど」


マルぼん「『衝動判子』。この判子を持てば、とにかく判子を押したくなる。なんでもいいからとにかく押したくなる」


ヒロシ「そいつを金持ちの金歯に持たせて、連帯保証人の欄に実印を押させよう。そして金を持って
羽ばたくんだ。明るい未来へ!」


 そんなわけで、金歯に判子を押させて借金を金歯に押し付けて逃亡するべく、ヤツの家へと向うマルぼんとヒロシ。応接室に案内されて


ヒロシ「持つと運がひらける素敵な象牙の判子だよ。是非とも持ちなよ、金歯くん」


 もちろん、嘘です。なんとか金歯に『衝動判子』を持たせようと、ヒロシが口走った大嘘です。


金歯「ふん。断る」


ヒロシ「なんでだよう、持てよう。持てってくれよう」


金歯「やめろでおじゃる」

 
 金歯に『衝動判子』を持たせようと近づくヒロシ。嫌がる金歯。2人はもみ合いになりました。


金歯「やめろ!」


 金歯、勢いあまってヒロシを突き飛ばしました。吹っ飛んでイスの角に頭をぶつけるヒロシ。床に倒れて、動かなくなりました。やがて、頭部からジワーと血が流れ出し、部屋の絨毯を汚します。


金歯「……」


マルぼん「……」


偶然その場に居合わせたナウマン象「……」


たまたまそこにいたルナちゃん「……」


通りすがりの大脳「……」


金歯の執事であるセバスチャン「……」


メイドの花絵「……」


偶然忍びこんでいたコソ泥「……」


実は金歯のストーカーで、彼の全てを把握するためソファーの下に忍び込んでいたママさん「……」


金歯に無残にも殺害され、その恨みを晴らすために出現した老人のさまよえる魂「……」


金歯「……ヒロシは勝手に転んで、勝手に頭をぶつけて、勝手に死んだ。そうでおじゃるな?」


 札束を見せつけながら、マルぼんたちに確認する金歯。


 その後、現場に居合わせた連中は皆、この事故について警察に聞かれた際に「ヒロシは勝手に転びました」とまるで同じ証言をしました。何度聞かれても、同じ証言を繰り返したといいます。まるで判で押したように、同じ証言を。


スポンサーサイト
日記 | 15:27:37 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。