■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
錦をかざって、それからどした
 微笑町出身の政治家が、微笑町の原発を誘致したり新幹線の駅を作ったりと、とにかく地元大好き人間で、とても話題になっています。


ヒロシ「わぉ! 僕、大人になったら絶対にこの人に投票しちゃう! 僕もいつか大物になって、政治家になって、露骨すぎるくらいの勢いで、地元に利益をもたらしてやるンだ!」


マルぼん「政治家にならなくても、故郷に利益をもたらし、錦を飾ることはできるさ。『コキョウニシキ米』。この米を食べて、ひたすら故郷のことを思えば、故郷に利益がもたらされの。故郷を想う心が強ければ強いほど、もたらされる利益は大きくなる」


ヒロシ「よし、待ってろ、微笑町のみんな! 楽な暮らしをさせてやるからな!
もぐもぐもぐ」


『コキョウニシキ米』を生のまま、バリバリ食らうヒロシ。


マルぼん「あ、ヒロシ。待て!」


ヒロシ「バタンキュー!」


 ヒロシ、そのまま卒倒して、そのまま他界、また来世! 『コキョウニシキ米』は、精米する前は猛毒なのです。これ、みらいの常識。


 その後、ヒロシの保険金で整形手術を受けたママさんは、とても綺麗になりました。若い男が入れ食い状態なのだそうです。


ママさん「やっぱ愛ですよ、愛!」


 全ての人間の故郷は母の胎内。マルぼんは、見事に故郷に利益をもたらした『コキョウニシキ米』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 11:58:30 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。