■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
峠を攻めずに、あたいを攻めて~恋のドライブ必勝法~
金歯「父上に頼んで、運転免許証を買っていただいたでおじゃる。朕の運転でドライブに行かないでおじゃるか?」


ナウマン象「行くっ」


ルナちゃん「楽しみだわ!!」


ヒロシ「僕も! この僕も!!」


金歯「ヒロシは来るな! この下郎!!」


 ってなことがあり、ヒロシが泣きながら帰ってきました。


ヒロシ「僕もルナちゃんとドライブしたいよ!!」


マルぼん「このボタンを金歯の車に付けてきな。どこでもいいからさ」


 言われるまま、金歯の車にボタンを付けにいくヒロシ。『その場で奇声を発する』『「いい天気ですね、げへへ」と靴を舐める』『生まれたままの姿になって、大地を自由に駆け回る。そして「自分は大地の子である」と太高らかに宣言をする』『割腹自殺を図ってみる』『地面に耳をつけ、「聞こえる。地球のオーケストラが聞こえる」とつぶやく』『ルナちゃんを押し倒す』『掲示された部活の写真が気に入らないと、母親とともに学校に押しかけて、親子で教師に暴力をふるう』などのカモフラージュ作戦を駆使し、気づかれないように、金歯カーにボタンを付けるのに成功。


 そんなヒロシが帰宅すると、部屋に車が置いてありました。レプリカのようですが、きちんと乗ることができる車です。すでに助手席に座っていたマルぼんがヒロシを手招きします。誘われるまま、運転席に入るヒロシ。


マルぼん「そろそろいけるな」


 ハンドルの近くにあったスイッチを押すマルぼん。するとどうでしょう。四方の窓がスクリーンのようになり、
どこかの風景を映し出したではありませんか。


ヒロシ「これは…金歯の家の前じゃないか」


金歯『ほんと、ヒロシは生きる価値ないな』


ルナちゃん『そんなこと言ったら可哀想よ、本当のことだけど! がはははは!!』


ヒロシ「え!? クズどもの声!?」


マルぼん「現実に連中の話している声が聞こえるのさ」


ナウマン象『そんなことよりな、さっそく出発しようぜ』


金歯『オッケー』


 窓に映し出された光景が、少しずつ動き始めました。


ヒロシ「動いているように見える」


マルぼん「これは『ストー車ー(カー)』。付属のリンクボタンをくっつけた車とリンクして、その車とまるで同じ体験をできるんだ。


ナウマン象『窓を開けるぜ』



 心地よい風が、マルぼんとヒロシをやさしく包み込みます。


ヒロシ「本物の金歯の車に風が入ってきたから、こっちにも風が入ってきたんだね」


金歯『砂利道だ。ちょっと揺れるよ』


ヒロシ「わ、本当に揺れてきた。すごいや。本当に車に乗っているみたい」


金歯『どうだい、朕のドライビング!! なんぴとたりとも、朕の前は走らせねえ!!』


ルナちゃん『ちょ、金歯さん、前を見ないと!!』


ナウマン象『あ、ダ、ダンプカーが!! ぎゃ!! おかーちゃーん!!』


 部屋に放置してあった巨大な車のおもちゃ(なぜかぐしゃぐしゃにつぶれていた)の中から、ヒロシとマルぼんの無残な死骸が発見されたのは、5日後のことでした。

スポンサーサイト
日記 | 09:39:45 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。