■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
主婦・大沼うどん子。母として、親として
ヒロシ「ひょえー! テストで0点とっちまった! こんな答案用紙を見せたら、母さんに『なかなか泣き止まないから』『自分になつかないので』と色々されるよ!命をかけて隠さねば!」


 しかし、ママさんは隠されたテストを探し出す達人として世に知られた存在。昔、ヒロシが「そうだ、いっそのこと食っちまったら見つからないぞ」と0点のテストを食べてしまったことがあったのですが、それをあっさり見抜き,
寝ているヒロシに開腹手術をほどこして答案用紙を体内から取り出して、説教したほどです。


 0点の答案用紙Gメンとしてテレビで取り上げられたこともあり、たくさんのお母さま方によくある隠し場所や、手間いらずの捜索方法を伝授し、多くの小学生を絶望の淵へと追いやったことも、記憶に新しいところです。


 そんな小学生の1人がたいそう恨みをもっていて、大沼宅を手製爆弾で爆破するまであと3日。でも、今回の話には全然関係ないので、真相を知りたかったら、「大沼うどん子 0点の答案用紙 自宅爆破 今は反省している」で検索検索。たぶんなにも出やしません。許されて。


 まぁとにかく、そんなママさんの目を欺く隠し場所など


ヒロシ「おいそれとあるわけないなぁ」


マルぼん「この薬を一滴たらしたら、その答案用紙は見つからなくなるよ」


ヒロシ「ほんと!? ちょっと貸してよ!」


ナウマン象「おう、いいもんあるな。実は俺も見つかったらマズイものがあるんだ。分けてくれよ」


 海のように広いココロを持つマルぼんは、快く薬をナウマン象に貸してやりました。


ヒロシ「そんなことより、早くその薬をこの答案用紙にたらしておくれよ」


マルぼん「よしよし」


 マルぼんが薬を一滴、答案用紙にかけると……


ヒロシ「うわー」


 なんとまぁ、答案用紙が増殖しはじめたのです。ヒロシの部屋は瞬く間に0点の答案用紙で埋め尽くされました。


マルぼん「木を隠すなら森の中っていうだろ。こんだけ0点の答案があれば、君の隠したがっていた答案なんて見つかりっこないよ」


ヒロシ「なるほど……って、バカー!」


ママさん「ヒロくん。なに、この大量の0点のテスト」


ヒロシ「!!」


ママさん「ここに熱湯がありまーす」



ヒロシ「たすけて、世間! 早く来てくれ、大人たちー!!


 その後、大量の0点の答案用紙があっさりママさんに見つかり、色々あって、ママさんは逮捕され、ヒロシは保護されました。


マルぼん「そういや、ナウマン象の隠したいものとはなんだったのかな」


ヒロシ「そういやあいつ、別れ話がもつれて、恋人と険悪なムードになっていたらしいよ」


ルナちゃん「ナウマン象さん、逮捕されたらしいわよ。なんでも、自宅に大量の女性の遺体を隠していたとか」

スポンサーサイト
日記 | 20:50:46 | Trackback(0) | Comments(0)
「糖吉郎夢日記」の巻
 微笑町毎年恒例の「町内千周ヘブンズマラソン」、今年の優勝者はなんと、ヒロシのクラスメイトで「『俺の主食はお菓子です』と絶対に普通の食事は取らない」「『なんでうちの家はお菓子の家じゃねえんだよ!』と家族に暴力を振るう」「『パンがなければお菓子を食べればいいだって? 神! 神の発言!』と言って、マリー・アントワネットの本を読み漁る」でお馴染みの、木下糖吉郎くん(デブ)でした。


マルぼん「いやぁ、まさか糖吉郎が優勝するとはねえ」


ヒロシ「あいつの家、学校から24キロ離れた山奥にあるだろ。毎日毎日、通学でその24キロを往復しているうちに、恐ろしいほどの脚力を身に付けていたんだ。普段の生活が知らず知らずのうちに練習になっていたんだな」


マルぼん「練習を強制させられるより、そういうほうが実力がつくもんだな」


ヒロシ「マルぼんー。日々の生活が知らないうちに練習になっていて、気付いたらすごい実力がついているという展開になる機密道具だしてー。僕、実はかなえた夢があってさ、その夢をかなえるためには練習の積み重ねが必要なんだ」


マルぼん「『練習練乳』。この練乳を飲んだら、日々の生活全てが自分の夢をかなえるための練習となるんだ」


ヒロシ「ぐびぐび。練乳うめえー」


マルぼん「ところで君は、なんの練習をしたいの? 練習してまでかなえたい夢とは?」


ヒロシ「そうだね。ここいらで、僕がかなえたい夢を教えるのもいいかもしれないね。僕の夢は」


ボブ「ヒロシ、ルナチャンサンキタヨ」


ルナちゃんさん「たいへんたいへんよ」


ヒロシ「どうしたの?」


ルナちゃんさん「ナウマン象さん、もう長くないんですって!」


マルぼん「ええ?!」


ルナちゃんさん「ナウマン象さんの奥さん曰く『本人はそのことについては知らないから、どうか皆さん、夫の前では、気づかれないように普段どおりの行動をしてください』」


ナウマン象「おうー暇けー?」


一同「!!!」


ナウマン象「最近、つまらんことだらけでな。なんか変わったことねえ?」


ヒロシ「べ、別にないよ。ないない」


 病気のことを気づかれないように、ヒロシは必死で普段のように振舞いました。なんの変わりもないように、演技をしました。必死で演技をしました。


後日、マルぼんが聞いたところ、ヒロシのかなえたい夢は、練習してまでかなえたい夢は「役者になること」だったそうです。


 マルぼんは、「練習練乳」の効果は絶大だと思いました。


日記 | 18:01:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。