■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「墓石が低価格で買える……? そんなうまい話、あるわけが」「それがあるんだな」
 ルナちゃん「駅前の石屋で閉店セールをやっていて、素敵な墓石が驚くほどの低価格で、こんなに大量に手に入ったのよ。これでいつでも、我が教団の仲間たちは共に旅立つことできるわ。苦しみも悲しみもない、永遠に続くパラダイスへ!!」


興味のあるかたは、ルナちゃんまでご一報を♪


ヒロシ「僕も驚きの低価格で墓石を購入したいな。その石屋を紹介してちょうだいよ」


ルナちゃん「無駄よ、無駄無駄! 全部売り切れたって!」


ヒロシ「そ、そんにゃあ…」


 それからそれから

マルぼん「なに、『僕も閉店セールをやっているお店で、安く大量に買い物をしたいの!』だって?」


ヒロシ「どんなお店でもかまわないんだ。僕、僕、閉店寸前のお店で安売りされているものを買いたいの! で、あの女に自慢してやりたいの! 『僕だって、閉店セールのお店で買いものできるんだ! そして生きているンだ! って。命は、未来へと続いていくものなんだって! ひとつの命は、多くの命への架け橋なんだって!」


マルぼん「『閉店シール』。このシールを貼ったお店は、必ず近々閉店することになり、『閉店セール』を催すようになる」


ヒロシ「うっわ。悪用できそうな機密道具だね」


マルぼん「これで好きなお店を好きだけ閉店に追い込むがいいさ」


ママさん「あ、こちらです」


黒服「どーもですぅ」


ヒロシ「あ! いつもの人身売買組織のブローカーさん!」


ママさん「あの、借金で、その。首が回らないの。」


ヒロシ「もういいよ。今回は、僕も抵抗しますよって」


黒服「ビビっと感じる、身の危険!」


 人身売買組織のブローカーさんは、思わず携帯している銃を発砲してしまいました。


黒服「あー思わずやっちゃった!」


黒服2「やれやれ。商品をやっちゃうなんて、君もまだまだですね」


黒服「あ! お得意さまの、臓器密売組織のブローカーさん!」


黒服2「死んだ人の臓器は、生きている人のより鮮度が落ちるから、買取り価格はそれなりに安くなりますよ? そうねえ、半額くらいにはなるかな」


黒服「殺生な!」


 マルぼんは、人生を閉店してしまったヒロシまでお安くしてしまった「閉店シール」の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:13:57 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。