■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「受け継がれる意志」の巻
パパさん「なに、腹が減ったとな。よしよし。これでもお食べ」


ママさん「もがもがもがー!!」


ヒロシ「いま、母さんの口に札束を押し込んでいる老人が、新しい父さんなんだ。なんでも凄まじい大金持ちで、
しかも死にかけなんだって」


マルぼん「死にかけの金持ちって、ママさんの好みタイプ直球ど真ん中だね。そりゃ、結婚までこぎつけるわけだ」


ヒロシ「でも、問題があって。父さんには前妻や側室との間に佃煮にするほど子供がいてさ……」


マルぼん「我々に入ってくる遺産はすずめの涙程度というわけか。それは問題だねえ」


ヒロシ「税金とかでも引かれるだろうし、なんとか財産をそっくりそのまま頂く方法はないかな」


マルぼん「『世襲契約書』。この契約書にサインをもらえば、サイン主の財産を、親族も税金も関係なく、そっくりそのままいただけるんだ」


 マルぼんとヒロシはさっそく、新しいパパさんをだまくらかして、『世襲契約書』にサインをもらうことに成功しました。


ヒロシ「あははははは。財産ゲットォ! あははははは」


マルぼん「ヒ、ヒロシ! 鏡を見ろ!」


ヒロシ「え…ええ!?」


 びっくりするのも無理はありません。ヒロシの顔はいつの間にかすっかり老いていたのです。その顔は……


ヒロシ「新しい父さんそっくりじゃないか…うっ。げほげほ。なんだ、体がだるい。思うように動かない。胃が痛い。目も見づらい。腰が痛い……」


マルぼん「そういえば最近は、小学生がお小遣い欲しさに自分の臓器を売り払ったり、秋葉原に中古臓器の店ができたりして、『体も財産の一部』であるという風潮だったっけ。親の肝臓をどちらが譲り受けるかを巡って、兄弟が争ったりもしている。新しいパパさんの体が財産とみなされて、みごとに受け渡されたんだ」


ヒロシ「げほげほほっ。昼飯まだかぁ…昼飯まだかぁ……ばあさんどこだー」


 マルぼんは『世襲契約書』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 18:23:13 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。