■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「惚れて! 山男」の巻
金歯「朕の従兄弟が山登りが趣味でね『今度登山に行くけど、もしよかった皆さん一緒にどうですか』って」


ナウマン象「わーお」


ルナちゃん「いくいくー! いっちゃうー!!」


ヒロシ「この僕も、大沼ヒロシも行くぞ!」


金歯「悪いね、目的地の山は4人用で、5人以上が同時に入山したら、山の神から天罰が下るんだ。第一、体力のないヒロシには登山なんて無理無理。夢のまた夢ぇ!!」


ヒロシ「くやしいー!」


マルぼん「陰険なやり口だ! かまうことはねえ、マルぼんたちも登ってやれ!」


ヒロシ「でも、金歯のおっしゃる通り、僕には体力もないし」


マルぼん「ここの未来の世界の登山靴がある。この靴を履いて登山をすると、体力の消耗が普段の三分の一になる。これなら登山も可能さ」


 さっそく、マルぼんとヒロシは、金歯どもが山登りを満喫している山へ向かいました。ちょうど金歯とその従兄弟、あとナウマン象とルナちゃんの4人が山に登るところでした。


ヒロシ「よし、我々も行こう!」


マルぼん「おうよ!」


金歯「あ、貴様ら! 来るなと言ったのに、来るなと言ったのに!」


 そのときでした。


ナウマン象「う、うわー!」


金歯「土砂崩れでおじゃるよ!」


金歯の従兄弟「こ、これは天罰!? 5人以上が山に入った天罰だっ!」


 マルぼんたちは、土砂に巻き込まれました。数時間後に救出され、近くの病院に搬送されたのですが、全員、虫の息。


医師「今夜がヤマですね」


 いまだ意識が戻らないヒロシを前に、医師が言いました。


医師「今夜さえ、今夜さえ乗り切ればなんとか…あとは気力の問題です」


 マルぼんは、ヒロシにヤマ登りを満喫させてくれている『みらいのせかいの登山靴』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。