■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「エロゲ原先輩の甘い誘惑」の巻
エロゲ原先輩「ギャルゲーの公式サイトから壁紙を落として、パソコンのデスクトップの背景にしてみた」


ヒロシ「うらやましいなぁ。僕もお気に入りのキャラクターの壁紙でデスクトップを桃色でそめたいや」


マルぼん「ちょっと努力すれば、すぐにかなう夢だろ。がんばりな」


ヒロシ「そんじょそこらでは見られない、レアな壁紙が欲しいよう。ステキな背景にしたいよう」


マルぼん「仕方ないなぁ。たしか、みらいのギャルゲーのミニゲームでゲットできる壁紙がある。これを背景に」


ママさん「ヒロくん」


ヒロシ「あ、母上」


ママさん「ママは今日から、魔法少女よ。これからは、勉強しないと、魔法の力で貴様を蛆虫にしちゃうから! カエルにしちゃうから! 鯖にしちゃうから! 空からオタマジャクシを降らしちゃうから!」


ヒロシ「は、母上…?」


パパさん「ヒロシ」


ヒロシ「父上」


メスゴリラ「うほうほ」


パパさん「父さんは、このメスゴリラを愛してしまったんだ。これから、このゴリラを母と呼ぶように。母と慕うように。甘えるように。ちなみにそこの自称魔法少女とは別れたからな」


メスゴリラ「ウホーン」


ヒロシ「こ、こんなの家族じゃない」


 数年後。某裁判所。


弁護人「被告人・大沼ヒロシの背景には、このように悲惨な少年時代がありました。大沼被告が、今回のような犯罪を犯すまでに至ったのは、この背景が…悲惨な少年時代が与えた影響が大きく…」


 ヒロシの人生にまでステキな背景をもたらしてくれた、『みらいのギャルゲーのミニゲームでゲットできる壁紙』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 17:30:33 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。