■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「おまえが少女だった頃」の巻
ヒロシ「ウンマーイ。ウンマーイ。カラアゲ、ウンマーイ」


マルぼん「またカラアゲかっ! 昨日もバカみたいにくったでしょ!? 鬼のようにくったでしょ!? おばかっおばかっ!」


ビシバシ(虐待をあらわす擬音)



ヒロシ「あのね、昨日、カラアゲを大量に買ったのはね、やはりキャンペーンで増量しているせいだと思うの。だからね、キャンペーンで増量って素晴らしいよね。行く先々でそういうキャンペーンに出くわせる道具だせや」


 色々とかわいそうになってきたので、マルぼんは、機密道具を用意しました。人間の生首のカタチした機密道具。『増量Kiss(チュー)』


増量Kiss『ハァハァ…』


マルぼん「この首とキスしたら、行く先々で増量キャンペーンが開催されるようになる」


 マルぼんは『増量Kiss』の唇を、ヒロシの唇に押し付けました。


ヒロシ(あ、ぼくの、ファーストキス…)


 ヒロシの涙と同時に、部屋に飾っていた花が一輪、ポトリと落ちました。さよなら、少年時代。さようなら、純粋だった頃。


ヒロシ(目の下に光るもの)「と、とにかくこれで僕は、行く先々で増量キャンペーンに遭遇できるのですな」


マルぼん「それよか、ママさんの裁判、今日が結審だよ」


ヒロシ「そういや、職場で事件を起こしていたんだっけか。厭な上司のお茶に、大きい声では言えない液体を
混入したんだよね」


 マルぼんとヒロシは早速、傍聴に向かいました。


裁判長「えっとー。本当は懲役7年ですけど、ただいまキャンペーン中につき、懲役98年の判決ですー」


弁護士「異議なし」


ママさん「私の人生ー!!」


 マルぼんは『増量Kiss』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 17:45:25 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。