■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒロシの仲間たち10 公園に集まる人たち
 ヒロシたちが放課後等に集まる微笑町の公園。公園は憩いの場所として、色々な人たちが集まるので、その一部をご紹介。


・昭和じいさん
 微笑町の公園で、子供たちにメンコやベーゴマなど「昔の遊び」を教えるボランティア活動をしているじいさん。長年に渡るその活動が認められて、町から表彰を受けている。子供たちから人気があり、大人たちかの信頼も厚い。実は数十年前に、殺害した愛人の遺体をこの公園に埋めており、それがみつからないか心配で来ているだけでボランティアはそのカモフラージュ。


・ママとみつるくん
 華麗なる公園デビューを夢見る母親と、その息子であるみつるくん。なかなかデビューできないまま時は過ぎ、現在母は78歳で、みつるくんは56歳。それでも親子揃って毎日公園を訪れ、ママ友作りに挑戦している。母は、自分を「みつるくんママ」と呼んでくれない周囲の人間に腹をたて、暴行事件をおこして服役することになり、ショックを受けたみつるくんはまだベビーカーから出られない。


・遊具ボーイズ
 悪質ないたずらにより公園の遊具が破壊された翌日、「僕らが公園の遊具になります」と言って現れた全裸の男たち。それぞれ、ブランコやすべり台、シーソー、鉄棒などのポーズをとり、周辺の少年少女たちに「はぁはぁ……僕たちで、はぁはぁ……遊んでっ! はぁはぁ」と声をかける事案を発生させた。光の速さで全員逮捕→去勢。今ではどこかの山奥で労働している。


・カードバトラー翔
 公園で遊ぶ子供たちに、自作のTCGでの勝負を吹っ掛ける中年男。公園のことをデュエルスタジアムと呼び、少年のようにはしゃいでいたが、
ある日突然背広姿でヒロシたちの前に現れ、母親の介護のために公園に来られなくなることを伝えた。


・散歩ばばあ
 犬のぬいぐるみに首輪をつけて、ずるずる引きずって公園を徘徊し、「散歩やねん」「犬かわいいねん」と言い張るばあさん。


・公園デビュー
 公園デビューの意味をはきちがえ、公園でアイドルデビューを果たした中年女性。夢をあきらめきれない。彼女が自作の歌をアカペラで披露していたのを、興味本位で聞いていたヒロシは、家に連れ込まれて太ももとか触られた。「パーティーはこれからよ。オトナのキスをしてあげる」と、ヒロシのズボンを脱がそうとしたその時に、現れた年老いた両親に、「もういいかげんにしろ!」と床の間の壺で頭を殴打されて他界。実は、カートバトラー翔の妹である。


・愛の伝道師
 「公園のトイレは用を足すためのだけの場所ではない! 愛を確認しあう場所でもあるんだ! いまこそトイレの解放を!」と、公園の入り口で署名活動している男性2人組ユニット。彼らの顔写真の入った、「この2人に要注意」というプリントが学校で配布される事態となった。


・砂場ロマン
 「砂場に徳川の埋蔵金が眠っている!」と、公園を不法占拠する初老の男。朝、公園のベンチで眠るように死んでいるのが発見された。


・ツイッターばばあ
 朝から晩まで公園のベンチに腰掛けて、ぶつぶつ呟いている。


・蝉男
 夏になると現れる、公園の木にしがみついて「ミンミン」と叫んでいる男。ある夏の終わり、下着泥棒と間違われて憤死。


主な登場回……第37話「集まれ仲間たち」、第77話「やつらの足音が聞こえた!」ほか



スポンサーサイト
キャラクター図鑑 | 13:08:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。