■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「大逆転! ロリコンになったヒロシ」の巻

 ヒロシも今年で31歳です。そんなある日。


マルぼん「ヒロシ、貴様、机の上においってあった瓶の中身、全部飲んじまったな!」


ヒロシ「喉がかわいていたんだよう。ジュースだと思って、つい」


マルぼん「ばかもの! あれはジュースじゃなくて、未来の世界の薬だぞ。未来の世界では親による子供への虐待が深刻化していてな、それをなんとかするために作られた薬! 飲んだ人は子供好きになるんだ」


ヒロシ「いいことじゃないか」


マルぼん「ばかもの! 本来は医者が患者に適した量をきちんと処方するんだよ。君が飲んだのは、なんの処方もしていない原液だ。そんなのを飲んだら、子供好きを通り越して、ロリショタ愛好家の域までいっちまうよ!!」


ヒロシ「そ、そういえば今日、無性に小学生が見たくなって、仕事をサボって朝から町をウロウロしてしまった。今も、『飯食ったら、近くの小学校の前をうろつこう』とか考えていた」


マルぼん「そらみろ! ロリショタ愛好家になりつつあるんだ」


ヒロシ「いやだ、いやだよ。ロリショタ愛好家になりたくないよ。あ、でも、うろつきたい。徘徊したい。小学校の前を」


マルぼん「ああ、薬の効果がつよまっとる。まってろ、なんとかならないか調べてみるから」


ヒロシ「小学校、小学校、小学校」


マルぼん「やばい、はやくなんとかせんと」


ヒロシ「あ、大丈夫。もう、小学校へは行きたくなくなった」


マルぼん「ほう」


ヒロシ「かわりに、幼稚園へ行くから」


マルぼん「悪化したー!!」


 薬の効果は想像以上で、ヒロシの好みのタイプはどんどん若くなっています。ヒロシはロリショタのさらに先にある場所へと、足を踏み入れようとしているのです。


ヒロシ「時代は小学生より、幼稚園児だよ。あ、やっぱり、幼稚園はいいや。産婦人科に行く。産婦人科には、赤ちゃんがいる。時代は幼稚園児より赤ちゃんだよ」


 そう言うと、家を飛び出すヒロシ。マルぼん、我が家から犯罪者をだしてなるものかと、懸命にヒロシを止めます。ロリショタの先の、さらにその向こう側など行かれてたまるものですか。


マルぼん「落ち着け、落ち着け!」


ヒロシ「はなせ、はなせ。産婦人科に行って、萌え萌えな胎児に会うんだ! 時代は赤ちゃんより胎児だよ」


マルぼん「たのむから落ち着いて、胎児萌えなんてやめてえ!」


ヒロシ「はなせ、はなさぬか。僕は産婦人科に……産婦人科に……あれ、行きたくない」


マルぼん「また好みのタイプが若くなったというのか。胎児よりも若いとなると……」


ヒロシ「そうか、そうだ。時代は胎児よりもおたまじゃくし!」


 その後もヒロシの好みのタイプはどんどん若くなっていきまして。で、数日後。微笑町の墓地。


夫「今日は絶好の墓参り日和だなぁ」


妻「あら。あなた。知らない人がうちの墓を掃除しているわよ」


ヒロシ「きれいになーれ、きれいになーれ」


夫「……どちら様?」


ヒロシ「この墓の下に眠る、権兵衛さんに萌えているものです」


妻「はぁ?」


ヒロシ「知ってます? 三丁目に住んでいる美少女は、権兵衛さんの生まれ変わりなんです。あちらの墓の下に眠るおばあさんは、四丁目の美女に生まれ変わりました。時代は前世なのですよ! 前世萌ええええええええええええ!」


 ロリショタのその先の、その先の、その先の、その先の、さらにその先。ヒロシのたどり着いたその場所は、意外と健全でした。あなたの家の墓がいつの間にか掃除されていたら、それは、ヒロシの仕業かもしれません。完。

スポンサーサイト
日記 | 17:10:12 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad