■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシのアイドル戦国時代」の巻
 今日は、清楚なところがバカみたいに人気のアイドル歌手・大宇宙アユムちゃんのコンサートへやってきました。


ヒロシ「うへへへ。この日のためにカメラを新調したよ。これでアユムちゃんのあられもない姿を、これでもかこれでもかというくらい撮影してやるんだ……コー!!(興奮による奇声)」


警備員「撮影は禁止されています。会場へのカメラの持ち込みは禁止されています。もし持ち込んだら、ああなります」


 警備員が指差した場所では、カメラの持込を試みて失敗した背徳者が、火あぶりの刑に処せられていました。


ヒロシ「ガタガタブルブル。火あぶり怖いよ、怖いよ火あぶり。でも、でもカメラを持ち込んでアユムちゃんを舐るように撮影したい!」


マルぼん「よし、どんなものであろうが、どこへでも自由に持っていくことができるようになる機密道具『モチコミダイカンゲイシール』を用意しよう。こいつを貼れば、コンサート会場へカメラを持ち込めることができるぞ」


ヒロシ「やほーい!」


 そんなわけで、マルぼんとヒロシは『モチコミダイカンゲイシール』を貼ったカメラを持ってコンサート会場へ入りました。せっかくなので、そのままアユムちゃんの控え室に侵入し、物陰で息を潜めて色々と見てやることにしました。


ヒロシ「も、もうすぐ、もうすぐアユムちゃんが来るぞう。撮影だ、撮影だ!」


マルぼん「きたぞ! アユムちゃんだ!」


 控え室に入ってきたアユムちゃんを撮影しまくるヒロシ。アユムちゃんは撮影されていることに気づかず、ありのままの姿を見せています。服を脱ぎだすアユムちゃん。興奮するマルぼんたち。服を脱いだアユムちゃんの背中には、ありました。ファスナーが。


 ジジジジと音をたてながら開くファスナー。ファスナーの中から、無数の米粒くらいの小さなおっさんがわらわらと出てきました。サラリーマン風のおっさんもいれば、酒瓶を持った酔っ払いのおっさんもいる。多種多様な小さいおっさんです。おっさんたちが出てきたあと、アユムちゃんはピクリとも動きませんでした。


 騒ぐ無数の小さいおっさんたち。1時間ほどたつと、おっさんたちはアユムちゃんの中へと戻っていきました。
全てのおっさんが中に入り、ファスナーが閉まると、アユムちゃんは動き出し、服を着なおして、そのまま控え室を出て行きました。出て行こうとする際、アユムちゃんはマルぼんたちの隠れているほうを見て、「言うなよ」とドスの利いた声で呟きました。


 マルぼんは絶句して動けませんでした。ふと、ヒロシのほうを見ると、カメラを持つヒロシの手は震えていました。


ヒロシ「……撮っちゃった」


マルぼん「あのさ」


ヒロシ「わかってる。わかっているよ。こいつは現像しない。封印する。今目撃したことも、それを撮影しちまったカメラも、ずっと内緒にする。絶対言わない。絶対に見せない。一生……」


 マルぼんは、ヒロシがカメラを墓場まで持っていくことにしてしまった『モチコミダイカンゲイシール』
の効果は絶大だと思いました。

日記 | 18:05:17 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。