■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシと花のインド人」の巻

ヒロシ「明日ね、駅前にある『少女とインド人の銅像』の前で、仲間と待ちあわせする予定なんだけど、待ちあわせ時刻に間に合う自信がないんだ」


マルぼん「『待ちあわせ磁石S極・N極』。このS極を自分の体に、N極を待ちあわせす場所につける。待ちあわせ時間が近くなると2つの磁石が引き合い、体が勝手に動き出し、N極をつけた場所のすぐ前……ようするに待ちあわせ場所へと向かう。たとえ待ちあわせのことを忘れていても、体が勝手に動くから大丈夫」


ヒロシ「やったー、さっそく『少女とインド人の銅像』にN極をつけてくるよー」


 そんなわけで、『少女とインド人の銅像』にN極をつけて、S極を自分の体につけるヒロシ。これで待ちあわせ時刻になれば、『少女とインド人の像』の前まで体が動くはずなのですが。


 ところが。


マルぼん「え『少女とインド人の銅像』、撤去されたの?」


ヒロシ「うん。軍の人が来て、トラックに載せて持っていってしまったらしいんだ」


マルぼん「そういえば金属不足で、『金属回収令』とかでていたっけ。銅像まで回収するとはねえ。回収した金属、軍はいったいなにに使うのやら」


ヒロシ「待ち合わせ場所がなくなってしまったんだ。『待ちあわせ磁石S極・N極』も無駄になったね」


兵士「大沼ヒロシだな!」


ヒロシ「あ! 兵士!」


兵士「貴様が反政府テロ組織『まじかる☆ぶれいど』の幹部ということは周知の事実だ! 覚悟しろ!」


 そういって、ヒロシに銃を向ける兵士。この銃に装填されている弾丸の薬莢が、『少女とインド人の銅像』を溶かして造られたものであることに、ヒロシもマルぼんも兵士も気づくわけもなく、したがって、『待ちあわせ磁石S極・N極』の効果が絶大であることに気づく者はいませんでした。

スポンサーサイト
日記 | 17:34:25 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。