■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「大沼くん、初期消火大好き!」の巻
ヒロシ「将来はあれだ。消防士とかになりてえ」


マルぼん「努力しなよ、努力」


ヒロシ「僕は努力とまずい飯はきらいでね機密道具、よろしくおねがいします」


マルぼん「仕方ねえな。『超予定表』。この予定表に書き込んだ『予定』は、それが起こるはずがないものでも必ず起こる。この予定表の今日の日付のところに、そうだな。『近所の喫茶店で消防署のおえらいさんと待ち合わせ』と書いて」


ヒロシ「書いたよ。これで、近所の喫茶店に消防署のお偉いさんが来るわけだね。
それからどうするの?」


マルぼん「まあ、とりあえず会いに行こう」


 マルぼんとヒロシが近所の喫茶店に行くと、すで消防署のお偉いさんがお待ちかねでした。


お偉いさん「なんのようかね」


マルぼん「これをお納めください」


お偉いさん「!! ……わかりました。ヒロシさんを採用しましょう」


ヒロシ「ええ!?」


マルぼん「この『山吹色クッキー』を渡した相手は、どんな言うことでも聞いてくれる」


ヒロシ「やたー」


情報屋「みたわみたわ」


ヒロシ「ああ、情報屋!」


 そこいたのは、ヒロシのクラスメイトの通称『情報屋』。学級新聞製作にたずさわる彼女の手にかかれば、
どんな事件でも、まるで火のように瞬く間に町中に広がり、町のほとんどの人の耳にはいっていることでしょう。


情報屋「特ダネ♪ 特ダネ♪ 大沼くんが、裏取引で就職先をゲットー♪」


ヒロシ「ま、まて!」


情報屋「きゃ!?」


ヒロシ「今の、今のこと言うつもりだな!? 新聞の記事にするつもりだな!?」


情報屋「言わないし書かないから、助けて!」


ヒロシ「嘘だ。おまえは、嘘をついているんだ!


情報屋「ひ!? そ、そのバールのようなもので、なにをするつもり……た、たすけてー!!」


ヒロシ「ひ、火は、火はボヤの間に消さないと、と、とんでもないことになるんだ。とんでもないことに…消火、消火しないと…!」


 ヒロシは、人生最初の消火活動をはじめました。

スポンサーサイト
日記 | 12:40:16 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。