■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシ最終携帯」の巻
金歯「この間、趣味の奴隷バトル(奴隷同士を戦わせてそれを観戦する)の時に腹が痛くなったのでおじゃるが、近くにいた老婦人が携帯用トイレを差し出してきたの助かったのでおじゃる」
ヒロシ「それはよかった」


金歯「そこで朕は悟ったのでおじゃる。なんでもかんでも携帯できたら幸せだ、ということを」


ヒロシ「そうかねえ…」


金歯「そんなわけで、なんでもかんでも携帯できるようになる機密道具を出してくれたら、それなりの謝礼をだすでおじゃるよ」


マルぼん「『携帯コロン』。このコロンをつけた者は、なんでもかんでも携帯できるようになる」


金歯「それはすばらしいでおじゃる」


金歯ダディ「金歯!」


金歯「あ、ダディ!?」


金歯ダディ「こちらの女性に覚えがあるだろ」


うどん子「うどん子です。おなかに、坊ちゃまの子供を携帯しています」


金歯「ヒロシのお袋さん!? なに言っているでおじゃる。身に覚えがまるでないでおじゃる」


金歯ダディ「死ね! 貴様など、わが一族の面汚し! 死んでしまえ! いやならでていけ!」


金歯「そ、そんな」


金歯ダディ「すまなかった。犬にかまれたと思ってあきらめてくれませんか。これはささやかですが、慰謝料です」


うどん子「えへへへ。いいんですよ、えへへへ。さぁ、今夜はヤキニクよ!」


ヒロシ・マルぼん「やたー!」


 その後、ダンボールを持って町をうろついている金歯を見かけました。金歯は家を携帯できるようになったのです。マルぼんは『携帯コロン』の効果は絶大だと思いました。


スポンサーサイト
日記 | 12:45:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。