■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ついに判明! 好きな娘の縦笛を勝手に舐めても、罪にならない方法」の巻
ヒロシ「ぎゃー!! 下校中、『俺は神です』と自称する男に『ラジオで俺の悪口を言うな!』とか言われながら、鈍器のようなもので頭部を攻撃されたー!! ドクターすぐに治療を!!」


背徳院医師「へ~い」


金歯「あ、ドクター? プラモ作ってたら、軽く指先を切っちゃったでおじゃるの。治療をおねがいでおじゃる」


背徳院医師「ああ! 金歯の坊ちゃまー!! すぐさま治療を開始するデスよ~」


ヒロシ「ああー脳がー脳がー!! 耳から血がー!!」


 ということがあっとかで、ヒロシが泣きながら帰ってきました。


ヒロシ「結局治療は受けられず、僕は生死の境を徘徊してきたわけだ。なんとか気合で怪我は治したけど、下手すりゃ死んでるよ! 死だよ、死! 無だけが永遠に続く、暗闇の世界だよ!?」


マルぼん「で、どうしろと」


ヒロシ「小学生が変質者に襲えわれたってのに、ニュースは元相撲取りの兄弟げんかしか放送していなし、うちの学校は集団下校をする気配もない! でてこい行政、とりあえず金だせ!」


マルぼん「で、どうしろと」


ヒロシ「どんなことでも必ず優先されるようになる機密道具!!」


マルぼん「なら、こいつだ『ヨコハ堂炒り豆』。ヨコハ堂というお店の炒り豆で、どんなことでも優先されるようになる」



 そして数日後。


マルぼん「で、どうなの?」


ヒロシ「例の炒り豆の効果は絶大だよ。今日、千葉ペストパラダイスへ1人で行ってきたんだけど」


マルぼん「どのアトラクションも人気で、2~3時間待ちや殺傷沙汰は当たり前の、あの千葉ペストパラダイスか」


ヒロシ「どのアトラクションも、順番待ちなしで乗れたよー。従業員が靴を舐めながら『お乗りください!』とか言ってきた!」


マルぼん「それはよかった。で、今日は家族会議なんだけど」


ヒロシ「え、なになに? また、僕の給食費をいかに捻出するかって話?」


パパさん「もうすぐ年貢を納める時期なんだが」


ママさん「年貢を納めたらね、うちで食べるお米が足りなくなるの。ぎりぎり3人分ってところ」


パパさん「学校の裏山は知っているな? あそこは実は姥捨て山でな」


ママさん「私と、パパと、マルちゃんで話し合ったんだけど、ヒロシにね、山へ…」


パパさん「登ってもらおうかな、と」


ママさん「あなただけが行くんじゃないのよ。お米がもっと足りなくなったら私も登るし」


パパさん「おまえはただ、最初というだけなんだ。分かってくれるな」


 マルぼんは『ヨコハ堂炒り豆』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 21:11:04 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。