■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシ、水をかぶると女になっちゃうふざけた体質」の巻

 微笑町には、江戸時代から続く鰻料理の名店「鰻の突撃ラブハート」があります。料理に使われる秘伝のタレは、創業以来何十年間と継ぎ足しながら使われているのです。


ルナちゃん「そういうのってステキ! 浪漫だわー抱かれたいわー大切なもの捧げたいわー」


ヒロシ「なんか合法猥褻行為のチャンスが眠ってそうだぞ。マルぼん、件の秘伝のタレ的なものを用意できない!?」


マルぼん「ごめん。それどころじゃないんだ。実は多額の借金を背負ってしまって。ちなみに保証人は君な」


人身売買組織の人「ちわーす。臓器の密売屋でーす。明日を望む患者さんが待っていますよ」


ヒロシ「ちえっ!」


 そして。


ナウマン象「おう金歯。えらく久しぶりじゃねえか」


金歯「ひどい肝硬変を患っていたんでおじゃるが、別の肝臓を移植して見事回復したのでおじゃる」


ナウマン象「この前、別の臓器も移植してなかった?」


金歯「朕は想像を絶する金持ちでおじゃるから、悪くなった臓器は新しいものとすぐ取り替えるのでおじゃる。臓器を継ぎ足し継ぎ足し、永遠に生きる予定なのでおじゃる。医学万歳。お金万歳」



スポンサーサイト
日記 | 19:03:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。