■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「嘘が必ずしも人を傷つけるとは限らない」の巻
担任のアゴ柿「おい、大沼。また遅刻か。最近やたら多いぞ。そういう教義のある宗教かなにかにはいっているのか?」


ルナちゃん「ほかの宗教? んま! ヒロシさんの人間のクズ!」


金歯「その宗教、儲かるでおじゃるか?」


大脳「信者と書いて、儲かると書くでヤンス! 儲かるに相違ないでヤンス!」


ヒロシ「ちがうんです。音菜のやつが…ちょっとケンカして、起こしてくれなかったんです」


担任のアゴ柿「音菜…? 誰?」


ヒロシ「妹です。勝気なのがたまに傷なんですが、根はやさしいいい子で。いつも『おにいちゃんおにいちゃん』と僕を慕っているんです」


担任のアゴ柿「おまえ、妹いないだろ。一人っ子だろ」


ヒロシ「僕には見えるんです。他の人には見えないでしょうけど、僕には見えるんです。妹が」



ヒロシ「そんなわけで、心療内科の紹介状を手渡されただけで、遅刻については怒られもしなかったよー。嘘万歳」


マルぼん「嘘をつくのは感心できんなー。そうだ。『デマ枷2006』を使おう」


 マルぼんは、機密道具をしまっている『四次元胃』から、機密道具の『デマ枷2006』をだすことにしました。胃を刺激し、おげげーと口から『デマ枷2006』を放出しました。


『デマ枷2006』は、手錠タイプの機密道具です。マルぼんは、さっそくヒロシに『デマ枷2006』を装着させました。


ヒロシ「うわ、なんだこりゃ! 外せよう!」


マルぼん「この『デマ枷2006』をつけた人は、嘘をつくと体に激痛がはしるようになるんだ」


ヒロシ「僕の前世はマリーアントワネットでした。ぎゃー!! 死ぬ死ぬ死ぬ!」


 痛みでのたうちまわるヒロシ。


ヒロシ「おたすけー!!」


マルぼん「本当のことを言ったら、痛みはひく」


ヒロシ「僕の前世は蛆虫ですー! はぁはぁはぁはぁ…」


マルぼん「これにこりたら、二度と嘘をつかないことだ」


警官「あーもしもし。大沼さん」


ヒロシ「あ、国家権力さん」


警官「ナウマン象さんのお友達ですよね。実は、ナウマン象さん、昨日から家に帰っていなくて…」


ヒロシ「それは大変だ。そういえばこの前あいつ、『風になりたい。東尋坊へ行ってみりゅ』とか言っ…ぎゃー!! 死ぬ死ぬ死ぬ!」


 痛みでのたうちまわるヒロシ。


ヒロシ「僕が殺しました。はぁはぁはぁはぁ」


 マルぼんは『デマ枷2006』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 12:27:29 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。