■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「スカッとさわやか四面楚歌」の巻
ヒロシ「いててて、腹がいてえ!」


マルぼん「大丈夫ですか! 今、近場の病院へ連れて行ってやるからな!」


 そんなわけで、マルぼんはヒロシを連れて近場の病院へ。ところが!


マルぼん「行列ができている! これ、みんな受診する人か!」


 病院の前にはすごい行列。この病院、『名医紹介本』で紹介されたそうで、近頃、健康を求める人たちでごったがえしているのです。


行列整理の人「ここが最後尾ですー。ただいま3時間待ち」


ヒロシ「きゅう」


マルぼん「3時間も待っていたら、ヒロシが旅立ってしまうよ!」


 そこでマルぼん、機密道具『トップバット』を用意。このバッドで頭部を激しく殴打された人は、どんな行列とか競争とか試験でも、どんなときでもどんな状態でもトップバッターになれるのです。マルぼんは、このバットで
ヒロシの頭部を何度も殴打しました。


行列整理の人「どうぞ、中へお進み下され」


マルぼん「やた!」


 そして始まるヒロシの診察。ところが医師は暗い顔。


医師「む。これは。うむ…」


マルぼん「ド、ドクター」


医師「隣町にある大学病院への紹介状を書きます。そちらのほうへ行ってくだされ」


マルぼん「え」


 その後、大学病院で診察をうけたものの、ヒロシの病気の原因はわかりませんでした。


医師「まるでみたことのない症状なんです。世界でも類をみない、ようするに今はじめて発見された新病気なのです」


 つまり


医師「今までの症例がないから、治療法もありません」


 マルぼんは、病気の世界でもヒロシをトップバッターにした『トップバット』の効果は絶大だと思いました。なお、いまだヒロシの意識が戻らないのは、病気ではなく頭部殴打が原因なのでご安心ください。

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。