■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「部屋と人妻とわたし」の巻
ヒロシ「あああああああ。ぼぼぼぼぼぼぼ僕の大切なDVD『人妻・オブ・ザ・デッド』を勝手にみおったなー…殺す!」


マルぼん「な、なんだよ。DVDは観るためのものだろ! なんでダメなんだよ!」


ヒロシ「『人妻・オブ・ザ・デッド』は速攻で発売中止になったレアDVDで、もう手に入らないの! それは保存用なの! それを…それを勝手に開封しおってからに…殺す!」


マルぼん「なんだと!」


ヒロシ「デッキと相性が悪くて、傷とかついていたらどうしてくれる…殺す!」


マルぼん「傷が怖くてDVDが見れるかよ!」


ヒロシ「見ないの! 保存用なの! それを貴様…殺す!」


マルぼん「見ることのできないDVDになんの価値がある!」


ヒロシ「私物にどんな価値を見出すかは、持ち主の勝手だ…殺す! この硫酸で、殺す!」


マルぼん「ままままままって。そ、そうだ。このDVD、未使用の状態にすればいいんだろ、保存用の状態に! よい機密道具があるんだ!」


ヒロシ「よい機密道具じゃなかったら…殺す!」


マルぼん「『新品同様スプレー』。こ、このスプレーをかけるとだな、どんなものでも新品同様になる。傷とかも消える」


ヒロシ「ならなかったら…殺す!」


『新品同様スプレー』の効果は絶大だったので、『人妻・オブ・ザ・デッド』のDVDは未開封の状態に戻り、ヒロシの機嫌も直りました。


ヒロシ「いやーさすがマルぼんだね…殺す!」


マルぼん「これからは保存用には保存用、観賞用には観賞用、布教用には布教用ときちんと明記しておいておくれよ」


ヒロシ「わかった…殺す!」


ママさん「ヒロくん、あら、どうしたの。膝から血がでているじゃない!」


ヒロシ「ああ。さっきでかけたとき、ちょっと転んですりむいたんだ…殺す!」


ママさん「ああ、なんてこと! あなたは大事な大沼家の跡取り息子。怪我なんてさせたら、ご先祖さまに申し訳がたたないわ。よし決めた! ちょっと来て」


 ヒロシを庭の蔵へと連れて行くママさん。蔵のなかにヒロシをいれると、外から鍵をかけました。


ヒロシ「な、なにするのさ、母さん…殺す!」


ママさん「外にでて怪我をしたり、チンピラに刺されたりしたら大変。ここなら安全よ。毎日食事も運んであげるし」


ヒロシ「ちょ…だして。だしてよ、母さん…殺す!」


ママさん「安全安全。ここなら傷つくこともない。安全安全…」


 こうしてヒロシは保存用になりました。布教用と観賞用があるかはわかりませんが、マルぼんは『新品同様スプレー』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad