■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ひゃっはー! 叩け叩け石橋を叩いちまえー!! そして渡っちまえー!!」の巻
金歯「やいヒロシ、生き胆をよこせでおじゃる!! 食べたら長生きできるのでおじゃるー!!」

ヒロシ「長生きしてもいいことないって!!」



近所のおかしいおばあさんが飼っている目がうつろで足取りがおかしくて涎を垂らしている犬「ガウガウガウガウガウ!!」

ヒロシ「きゃー!!」



ナウマン象「ヒロシィ…はぁはぁ…ヒロシィィィィィ!!(ズボンを脱ぐ。勢いよく脱ぐ)」

ヒロシ「暴力はまだ許せるけど、性的ないじめは勘弁してください!!」



ルナちゃん「選挙!! 聖戦!! 選挙!! 聖戦!! ローラー作戦!!」

ヒロシ「僕は選挙権ないよ!!」



ヒロシ「以上のようなことが、今日一日であったんです。もういやです。人類滅びろです」


マルぼん「キミはとことんアレだね、アレだ」


ヒロシ「危険を予測できる機密道具プリーズです」


マルぼん「こいつはどう? 『転ばぬ先ロッド』。このロッドはだね、手にとって振り回すとだね、あらかじめ危険になりそうなことを予測してだね、その要因を排除する機密道具なの」
ヒロシ「最高です、嬉しさです。それぶんぶんぶん!!」


 ヒロシが振り回した瞬間、爆発する『転ばぬ先ロッド』


ヒロシ「腕が!! 腕が痛いです!! 痛いです!! 血が!!赤き血潮が!!」


『転ばぬ先ロッド』は、ヒロシが己を使うことで散々な目にあうと予想したのでしょう。
ヒロシを守るために自爆したのです。


マルぼん「泣かせるよな、おい」


ヒロシ「あうあうあう」


 マルぼんは『転ばぬ先ロッド』の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。