■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「恐竜に玉乗り仕込みたい? 動物虐待や!」の巻
 今日もナウマン象が大暴れ。自分より幸せな人間が許せない! 生きとし生けるものすべてを認められない! とかで、八つ当たりでそこいらの物を壊しまくっています。それを口惜しそうに見ているのは、アメリカ出身の2代目、新大沼ヒロシ!。


新ヒロシ「ナンテヤツダ! コノママジャ、微笑町ハメチャクチャダ! ヤメルンダ、ナウマン象。物ヲ壊シタラ罰ガアタルゾ!」


ナウマン象「罰だと? あてられるもんならあててみな!」


新ヒロシ「アンナコト言ッテラァ! マルぼん、ナウマン象ヲ懲ラシメルコトガデキル機密道具ダシテ!」


マルぼん「『たたり鰯の煎じ汁』。未来の世界の汚染された水にだけ棲むことができる『たたり鰯』という魚を汁にしたもので、この汁を飲んだ者は、物や他者にひどいことをした場合、かならずその報いを受ける」


新ヒロシ「ソイツハ素晴ラシイ機密道具ダネ!」


 マルぼんは『たたり鰯の煎じ汁』をなんとかナウマン象に飲ませました。その効果などまるで知らないナウマン象は、相変わらず大暴れで、町の電柱に蹴りをいれております。すると、いきなり電柱がナウマン象にむかって倒れたではありませんか! ナウマン象、電柱の下敷きに。


ナウマン象「うぎゃー!」


マルぼん「蹴られた電柱の報復さ。蹴っただけなのにあんなにひどい報いなのは、汁が濃かったから。飲んだ汁が濃ければ濃いほど、やりすぎと言っても過言ではないひどい内容の報いとなるんだ」


ナウマン象「ちくしょう、なんだってんだ!」


 口惜しいナウマン象は、近くの家の塀をぶん殴りました。殴った直後、


ナウマン象「うぎゃー!」


 塀が崩れてナウマン象下敷き。塀の報復です。


ナウマン象「ちくしょう、なんだってんだ!」


 口惜しいナウマン象は、ものすごい勢いで地団駄を踏みまくっています。地面を踏む、地面を踏む、とにかく地面を踏みまくる。ものすごい勢いで踏みまくる。


 と、そのとき、ゴゴゴゴゴゴゴッと地響きが。大地は裂け、海は荒れ、空は黒い雲に覆われて、雷鳴が轟き、近所の犬が一斉に吠え出す始末。


新ヒロシ「コレ、ナンテ地球最後ノ日?」


マルぼん「顔を蹴られた地球が怒ったんだ。地球の報復だ!」


新ヒロシ「ワー! ウワー!」


マルぼん「うわー」


ナウマン象「うぎゃー!」


そのほか「ひえー!」
































 そしてその日、大きな宇宙の小さな星から全ての生命が消えたのでした。完。


スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。