■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「シャレになんないよロックンロール」の巻
マルぼん「あ。貴様! そのジュースを飲んだな」



ヒロシ「え、ダメだったの?」



マルぼん「それは『ダジャレ現実化ジュース』。飲んだ人がダジャレを言うと、そのダジャレが現実になる機密道具だよ」



ヒロシ「ダジャレが現実化?」



マルぼん「そう。『ふとんがふっとんだ』と言ってみな」



ヒロシ「ふとんがふっとんだ」



ぶわっ。ヒロシの部屋にあったふとんが、まるでツバサを持っているかのように窓をぶち破り、吹っ飛んでいきました。



ヒロシ「なるほどな。これはなかなかいいじゃない。……よし!」



マルぼん「どうしたの?」



ヒロシ「これで、いつも僕を人間扱いしないナウマン象を仕置きしようかと思って」



ナウマン象「なんだ、俺様を呼んだのか!」



ヒロシ「ナウマン象」



ナウマン象「あ?」



ヒロシ「キミはきみが悪い」



 その瞬間、ナウマン象の体に異変が。腕とか足とかがたくさんになり、ツバサが生え、周囲にたくさんのハエがたかり、とにかくきみが悪い返信を遂げたのです。



ナウマン象「モウオヨメニイケナーイ!」



ヒロシ「あははは。やった。やったよ。あははは」



パパさん「おい、ヒロシ。デジカメ買ってきたぞー1枚どうだー」



ヒロシ「あ、お願いします。今なら、最高の笑顔が撮れると思いますし」



 ヒロシ、ピースサインをしてカメラに向かい



ヒロシ「イエーイ!」



 最高の笑顔でポーズを決めました。





 その夜、ヒロシは急死しました。遺影には、「イエーイ!」とポーズを決めたときの写真が使われました。なにせ、最高の笑顔だったので。



 マルぼんは『ダジャレ現実化ジュース』の効果は絶大だと思いました。




スポンサーサイト
日記 | 20:03:03 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。