■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「夏休み、もうあかんか。もう終わりか」の巻
ヒロシ「ワ! 夏休みの宿題を全然やっていないよ!? ペスト(担任)に折檻される! 折檻だけではなくて、宿題やらないやつ用テストを受けさせられる! そんなのはいやだ!」


マルぼん「『いいわ毛』。この毛を植毛すると、口が勝手に言い訳をしてくれる。これでペスト(担任)をだまくらかしなよ」


そんなこんなで新学期。


ペスト「宿題を忘れた!? 理由をいってみろ! 笑えない理由だったら死なすぞ!」


ヒロシ「ラジオから『宿題をするな』という指令が下ったのです。宿題は宇宙人による地球植民地化計画の一環で……」


 その後。


医師「(黄色の紙をみせて)これ、何色に見える? 青?」


ヒロシ「黄色です」


医師「2×3は? 5?」 


ヒロシ「……6です」


医師「(子供たちが遊んでいる写真をみせて)これを見てどう思う? この人たちがこの世から消え去って欲しいとか思いませんか? 幸せな他人をみると、危害を与えたくなったりしませんか」


 しばらくの間、宿題はやらずによくなりましたが、結局、毎日のようにテスト(別の意味)を受けるハメになりました。ヒロシのようになりたくなければ、よいのみんなは、夏休みの宿題をきちんとやろうね! マルぼんとの約束だよ(約束してくれる人にはマルぼん特製血判状をお送りいたします!)


スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。