■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「義理の妹」の巻
ヒロシ「おかしいよ、世の中間違っている!」


マルぼん「どうしたの?」


ヒロシ「僕の心の中での僕は、幼馴染や義理の妹やクラスの女委員長に慕われまくりで、スポーツも勉強もパーフェクトな人間なんだ。それなのに、現実の僕は…現実の僕はろくでなし!! 悲しいくらいにろくでなしなんだ! 間違っている!」


マルぼん「しんどいなぁ」


ヒロシ「願望を現実にしてしまう機密道具だして!!」


マルぼん「妄想を現実にしてしまう機密道具ならあるよ」


ヒロシ「それでいいや!」


マルぼん「『妄想流出マクラ』! この枕を頭の下に敷いて、なんか色々妄想してみて」


ヒロシ「こうかな。よし。『サクラ(脳内妹の名前)、お兄ちゃんはここだぞー!!』」


マルぼん「本格的に妄想に依存するようになった人間って、おっそろしいな、おい」


 ヒロシが妄想を始めて数分。


サクラ「お兄ちゃん、はやく起きないと遅刻するわよ!!」


ヒロシ「サ、サクラ!?」


サクラ「か、かんちがいしないでよね! お母さんに言われて起こしに来ただけなんだから。別におにいちゃんが遅刻したってかまわないんだから! ホントなんだから!」


ヒロシ「すごいや! 本当に妄想が実現したよ!」


 ヒロシは再び『妄想流出マクラ』を頭の下に敷きました。


ヒロシ「どんどん妄想を現実のものとしてやるんだ」


 それから数分。どこからともなく、笑い声が聞こえてきました。


笑い声「ふふふ。見てみろよ、アレが大沼ンとこのバカ息子だ」


ヒロシ「だだだだだ誰だ!?」


 笑い声は、ラジオから聞こえてきました。


笑い声「愚か者愚か者。あはははははは」


ヒロシ「電波で僕の悪口を言うのをやめろ!」


壁の染み「ひひひひひひ」


ヒロシ「壁の染みが人の顔に見える! 僕を見て笑っているー!!」


近所の人たち「大沼さんとこの息子さんはひそひそひそ」


ヒロシ「みんなが笑っている…僕のことを笑っているー!! ぎゃー!!」


 どうも『妄想流出マクラ』の効果で、ヒロシの被害妄想まで現実化してしまったようです。
マルぼんは『妄想流出マクラ』の効果は絶大だと思いました。




スポンサーサイト
日記 | 17:11:28 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。