■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「タンス預金を撲滅する話」
ヒロシ「駅前で外国人がアイドルの住所録を売っていたから、買ってきたよー」


マルぼん「あきれた! 無駄物買いの銭失い! アイドルの住所録なら、先週も買ってきたばかりだろ! そこのタンスに入っている!」


ヒロシ「おで…おで…馬鹿だから、馬鹿だから、自分で買ったもの、覚えてねえだす…」


羊「どうも」


マルぼん「『有効活羊』。この羊は、タンスやら物置やらに眠っている無駄なものを有効活用
してくれる羊さんなんだ」


羊「コヤシになってるものを、なんでも有効活用してさしあげますよ!」


ヒロシ「やった! 僕自身、どんなものがタンスや物置に眠っているのか、己がどんなものを所有しているのかさっぱりわからねえんで、よろしくおねがいします」


羊「とりあえず、一番高価なのに無駄になっているものを有効活用します!」


 持っていた鈍器のようなもので、ヒロシを殴る羊さん。


マルぼん「なにするんです!」


羊「これが、タンスの中に眠っていたんです」


 それは、微笑町郊外にある墓地の、お墓の売買契約書。今亡きヒロシの、今は亡きおばあさんが「ヒロシちゃんのために」と買ってくれた、お墓の売買契約書!


羊「いつまでも、お墓を眠らせているわけにはいかんですからね。きちんと使わないと!」


 マルぼんは『有効活羊』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。