■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「チェーンメールしか来ない。僕の携帯電話」の巻
ママさん「包丁と青酸カリ、どちらがいい?」


ヒロシ「凍死が苦しまないらしいから、凍死の方向で」


マルぼん「そこの親子、なに不吉な話し合いをしておられるか!」


ママさん「私が今の交際相手からお金を融資してもらって経営しているレストランが、とてつもなく経営不振で、そりゃもう、大ピンチで。とんでもない崖っぷちで。」


ヒロシ「いつもの人身売買組織の人も臓器の密売人も『たまには己でなんとかしなよ』と、僕らの臓器を買取拒否なんだ」


ママさん「このままじゃ、ジリ貧なの! お願い、なんとかお店を繁盛させて!」


ヒロシ「すぐに、すぐに、いますぐにぃ!」


マルぼん「いますぐに、か。そうすると、こいつの出番かな。『天チェーン』」


『天チェーン』は、どこにでもある鎖に見えます。ほかの鎖と違うのは、先端が赤くなっていて、もう片方の先端が青くなっているところ。


マルぼん「隣町の高笑町に、すごく繁盛しているレストランがあったよね。そこへ行こう」


 マルぼんとヒロシは繁盛しているレストランへ向かいました。到着すると、レストランの壁に『天チェーン』の赤い先端を押しつけます。


マルぼん「次はママさんのお店」


 続いてママさんの今にもつぶれそうな、この世の全ての業を背負ったようなお店へ向かい、今度は『天チェーン』の青い先端を押しつけます。


通行人「あ、ここだここだ」


通行人「高笑町のレストランの、微笑町支店」


 通行人たちが、次々とママさんのお店に入っていきます。


マルぼん「『天チェーン』の青い部分に触れたお店は、赤い部分に触れたお店のチェーン店や支店とみなされるようになるんだ。これでママさんのお店は、繁盛しているお店の支店ということになって、繁盛しているレストランのネームバリューをゲットできたのさ」


ヒロシ「とりあえずは、乗り切れそうだね」


ルナちゃん「きゃー!」


ヒロシ「あ! ルナちゃんが崖から落ちそうになっている。このチェーンに掴まるンだー!」


 ルナちゃんは、ヒロシの差し伸べた『天チェーン』に掴まりました。マルぼんとヒロシは、2人ががりでルナちゃんを引き上げます。


ルナちゃん「はぁはぁ…なんとか助かったわ。ありがとう」


マルぼん「いったいぜんたいどうしたのさ」


ルナちゃん「実は、自ら己の命を絶とうとしたんだけど、いざとなると命が惜しくて」


マルぼん「なぜ命を絶とうと?」


ルナちゃん「実は教団の経営が厳しくて、借金の保証人になってくれる人がいなくて」


ヒロシ「なんだそれくらい、僕にまかせなよ」


ルナちゃん「ほんと!? やたー!、ヒロシさん、だーいすき!」


 マルぼんは、ヒロシが『天チェーン』の青い部分を、ルナちゃんが赤い部分を掴んでいることに気づきました。ルナちゃんが教団の皆さんと一緒にトンズラし、ヒロシには思い出と借金が残りました。


 今、ヒロシは人身売買組織の人と臓器の密売人のご好意で、外国に行っています。手術とかのため。マルぼんは、ヒロシをルナちゃんの借金の支店にしてしまった『天チェーン』の効果は絶大だと思いました。


スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。