■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「ひとつになるのは心だけ」の巻
 公園で楽しく遊んでいると、なんかブツブツ呟いている細身でメガネの男がやってきました。


ヒロシ「あれは近所に住む医大志望の浪人生(32歳)だ。家にプラモやビデオがたくさんあるんだ。見せてもらったことがある。『プラモやるから服を脱げ』とか言われたから、人生で最大限の努力をしてなんとか逃げ出したんだけど」


32歳「医大志望の偉大な俺は、今日からこの公園の総帥であーる。貴様ら、俺にかしずけーい」


ヒロシ「ああ。まだまだ暑いし、仕方ないよね」


32歳「かしずけーい」


ヒロシ「無視して遊ぼうぜ、無視して」


金歯「あ、32歳がなんか胸元からだしたでおじゃる。あれは濃硫酸!!」


ナウマン象「バカな!? 子供相手に濃硫酸!? ……俺、かしずきまーす!!」


 偉大志望(32歳)の靴を舐めに行くナウマン象。


 ガキ大将の敗北により、僕らの公園は偉大志望の浪人生(32歳)のエルドラド(文句を言う親も、なんとか部屋から出そうとするカウンセラーも、脳波を検査する医者もいない)と化したのでした。


ヒロシ「チッ! ナウマン象のうすのろめ! こうなったら、このヒロシが医大志望の浪人生(32歳・親戚会議でいつも議題になる)を倒してやる!」


マルぼん「で、なんか妙案はあるの?」


ヒロシ「ありません、はい。マルぼんー。あの医大志望の浪人生(32歳・この人のせいで近所に交番ができた)を倒す方法考えてよー!!」


マルぼん「そういわれてもナー」


金歯「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


ヒロシ「あ、金歯の悲鳴だ。お百姓さんたちに捕まって、引きずられているぞ」


マルぼん「一揆だよ。最近、アホみたいに年貢を高くしていたしね。権力者も団結した民衆には弱いものだ」


ヒロシ「それだっ! 団結だよ、団結! 1人1人は弱い子供でも、団結したら、濃硫酸をもった医大志望の浪人生(32歳・親から外に出ないように言われた)だって倒せるはずだよ!」


マルぼん「そうだね」


ヒロシ「よーし、マルぼん、あれだして!『ラジオを通じて毒電波を流し、受信した人を自在に操る機密道具』あれでみんなを団結させてだね」


マルぼん「あれは法律で使用が禁止されたよ」


ヒロシ「それならあれ、『人を生ける屍状態にして、自在に操ることができる魔法のパウダー(原材料テトロドトキシン)』!」


マルぼん「それも使えないなー」 


ヒロシ「なら『誰でも簡単に、カルト教団ばりのイニシエーションが行える機密道具』は? そのイニシエーションで信徒を集めてだね…」


マルぼん「それも無理。その機密道具を使っていた方々が集団自殺をして社会問題に」


ヒロシ「それなら覚せい剤だせ! これで中毒患者を…」


マルぼん「青少年にやさしいサイトを目指しているのに、そんなもの使えるか! こうなったら、アレを出そう!『一血団血』~」


ヒロシ「…血? まずいって。血は色々と」


マルぼん「まずこの血になんでもいいから体液をたらす。するとこの血に、その体液の主の思想がインプットされる」


ヒロシ「使うの? ねえ、使うの?」 


マルぼん「で、この血を輸血された人は、その思想によって染められてしまうのさ。こいつで、いつもの連中を洗脳しよう」


ヒロシ「うう。なんか気が進まないけど、やってみるしかないかぁ。幸いにも、ヒロシくん七つ道具の『クロロホルム』『人がすっぽりはいる麻袋』があるから、それでみんなを集めよう」


マルぼん「なんでそんな七つ道具を…」


 そんなわけで、マルぼんとヒロシは町へと繰り出しました。


ヒロシ「あ。ルナちゃんだ。いいかい、マルぼん。最初、僕が道を聞くフリをして油断させるから、このクロロホルムを使って…」


マルぼん「なんで手馴れているの?」


ヒロシ「ルナちゃーん」


ルナちゃん「あらヒロシさん」


マルぼん「こそこそ」


ルナちゃん「きゃ!? なんでうしろからマルちゃんが!? しかもそれは、
『クロロホルムを染みさせた布』と『人がすっぽり入る麻袋』!!
あたしをかどわかそうとしたのね!!」


町民「またあのガキと怪生物か!!」


町民「これで何度目の騒動だ!!」


町民「自警団を結成して、やつらを町から追い出そう!!」


町民「オオー!!」


 こうして微笑町はひとつとなり、マルぼんたちは故郷を失いました。


続きを読む >>
スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad