■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「いまだチャンスだ変身だ。そして少女は女に」の巻
ヒロシ「あ」


マルぼん「どうしたの?」


ヒロシ「薬を飲むの、忘れてた! 食後に服用しなきゃなんなかったのに!」


マルぼん「そうゆうときは、こいつの出番。『アラー霧』。この機密道具からは霧状の期待が噴出される。その期待を鼻から吸引すると」


ヒロシ「どうなるの?」


マルぼん「たとえばだ、さっきのキミみたいに薬を飲む予定だった人が、この気体を吸引する。すると、薬を飲む時間帯になると脳内に『そろそろ薬を飲む時間ですよ』という声が響く。ようするに、脳にアラーム機能がつくようになるの」


ヒロシ「学校へ行くのにちょうどよい時間になったら、脳に『学校へ行く時間だよ』という声が響いたりするんだね」


マルぼん「そうだね」


ヒロシ「うわー。便利な機密道具! ありがとう!」


ナウマン象「おう。よいもの持っているじゃねえか。俺に貸してくれよ。永久に貸してくれよ」


ヒロシ「で、でも」


ナウマン象「貸さないのなら、おまえの目玉を抉り出してキャンディ代わりにしゃぶりつくすぞ」


ヒロシ「わ、わかったよ」


ナウマン象「がはははは。これで俺様も遅刻知らずだ」


ヒロシ(こ、こいつはいつも、僕の大事なものを奪っていく…畜生。クズめ。人間のクズめ)


ナウマン象「あ、しまった。コンタクト落した!」


 落ちたコンタクトレンズを探すべく、四つんばいになるナウマン象。


 まわりには、ナウマン象とヒロシとマルぼん以外に、人はいませんでした。そして、都合よく、鉄パイプがそこらに転がっていました。鉄パイプを拾うヒロシ。その鉄パイプで、ナウマン象を


ヒロシ「……」


ナウマン象「ぎぎゃ!!」


マルぼん「なななななんてことすんだ!」


ヒロシ「『アラー霧』の効果は絶大だね」


マルぼん「はい?」


ヒロシ「脳にね、『ナウマン象を殺す時間(チャンス)だよ~』って声が響いたんだ。本当にね、脳にね、アラーム機能がついたね。すごいね」


 使っていない人にまで効果をもたらす『アラー霧』の効果は絶大だと、マルぼんは思いました。あと、ヒロシも罪には問われなさそうなので、マルぼんは一安心しました。

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad