■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「おのれ人間どもめー」の巻
ヒロシ「うわー、パソコンの周辺機器が多すぎてこんがらがり、どれがどのコードだかさっぱりわからなくなってしまったよう」


マルぼん「そんなときはこれ! 『シンプルイズ・ベスト』。このベストを着た人は、ややこしくこんがらがったものを、シンプルでわかりやすく整理することができるようになるんだ」


『シンプルイズ・ベスト』を着たヒロシ、見事にパソコン関係の配線を整理することができました。


ヒロシ「これですっきりしたよ、ありがとうマルぼん」


マルぼん「いいってことよ」


ヒロシ「よく見ると、本棚とかかなりややこしくなっているな。なんだか無性に整理したくなってきたぞ」


マルぼん「そいつを着ていたら、ややこしいものを整理したくてしょうがない気持ちになるんだよ。うん? なんか外が騒がしいな。なんだろう」


 ヒロシの家の前では、なぜかたくさんの人が揉めていました。


男A「だから、これは俺が宝くじで当てた金だよ。なんでおまえらに分けなきゃならんのさ」


女A「あたしは、あなたの叔母よ。分け前をもらう権利はあるわ」


男B「俺はいとこだ。俺だって、権利のひとつやふたつ」


男C「僕はあなたのおじいさんの弟の子供です」


女B「あちきはあなたのお父さんの愛人だったわいな」


武士「某は貴殿の上司でござった」


女C「私は前世での恋人ですぅ」


男D「おまえの兄貴の元恋人の妹の兄の部下です」


女D「私はあなた、あなたは私」


男E「俺はおまえの弟の恋人だよ」


女E「元恋人の私を忘れるなんて!」


王「朕は国家なり


男F「ワスはあなたの父親でごんすー」


マルぼん「わぁ、こんがらがった人間関係だね。……おいヒロシ、金属バットや包丁をもってどこへ行くんだ、ヒロシ。ヒロシー!」


 マルぼんは、複雑に入り組んだ人間関係もシンプルにしてしまう予定の『シンプルイズ・ベスト』
の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。