■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「花を咲かせることだけに一生懸命になっても、メシは食えない」の巻
 思うところあり、今日の「マルぼんと暮らす」におけるヒロシとマルぼんは、45歳無職という設定でお送りしたいと思います。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます


ルナちゃん「ああん!」


ヒロシ「どうしたの、お嬢ちゃん」


マルぼん「おじさんたちに話してごらんなさい。さぁ、早く」


ルナちゃん「庭の花がすべて枯れてしまったの!」


ヒロシ「それは大変だ」


マルぼん「『花咲か爺ジョウロ』。このジョウロで水をやると、どんな花でも枯れることなく咲き乱れるようになる」


『花咲か爺ジョウロ』で水をやると、枯れていた花が咲き始めました。


ルナちゃん「これはすごいわ。すごいすごい」


 ジョウロをもったまま、はしゃぎまわるルナちゃん。はしゃぎすぎて、ジョウロの水がおもいきり自分の足にかかってしまいました。


ヒロシ「大丈夫?」


ルナちゃん「大丈夫大丈夫…あら、なにか騒がしいわね」


信者「聖チッチラポッポ太子(ルナちゃんのホーリーネーム)、大変です! ついに国家の犬が、わがギュルペペ教に捜査の手を!」


ルナちゃん「なんですって! ええい、あなたは尊師を…お父様を安全なところへ逃がして!」


信者「聖チッチラポッポ太子は!?」


 信者の問いには答えず、微笑むルナちゃん。その手には、手榴弾が。


ルナちゃん「尊師には……お父さんにはよろしくいっておいてね……さようなら!」


 手榴弾片手に、警察のいる方向へ走り出すルナちゃん。その後、爆音。


信者「聖チッチラポッポ太子ー!!」


 こうしてルナちゃんは、死に花を咲かせました。マルぼんは『花咲か爺ジョウロ』の効果は絶大だと思いました。




スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad