■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「夫婦よまた逢う日まで」の巻
ヒロシ「今日は父さんと母さんの結婚記念日だ。なにかプレゼントをあげたいなぁ」


マルぼん「え、先週も結婚記念日だったような」


ヒロシ「あれは、6番目の父さんとの結婚記念日。今日は、今の父さんとの結婚記念日なんだ。なんかさ、いい感じのプレゼントはないかなぁ」


マルぼん「『思い出』なんかいかがだろう」


ヒロシ「『思い出』…?」


マルぼん「『復刻ガス』。このガスを散布すると…」


ヒロシ「げほげほ。狭い部屋で、ガスを散布するなよ…って、ああ!」


 ガスが晴れると、ヒロシの部屋の様相はがらりと変わっていました。


ヒロシ「これは、僕が幼い頃の部屋だ! 懐かしい!」


 部屋の真ん中では、小さな男の子が「パンを踏んだ娘」という絵本を読んでいます。


ヒロシ「昔の僕だ! 愛らしいなぁ!」


マルぼん「『復刻ガス』は、散布した場所の半径5メートル以内を、一時的にだけど、昔の様相に『復刻』してしまうんだ。そのときその部屋にいた人の幻影がでてくるおまけつき。調整すれば、戻す年数も決めることができる。こいつで、パパさんママさんの寝部屋を2人が新婚のころの状態に戻す。2人は新婚時代を思い出し、燃え上がり、妹か弟誕生という運びだ。最高のプレゼントやろ」


 マルぼんとヒロシは、さっそく、パパさんとママさんのを寝部屋に呼んで、『復刻ガス』を散布しました。


ヒロシ「さぁ、ガスが晴れてきましたよ!」


 ガスが晴れて、パパさんママさんの新婚時代に復刻された寝部屋。そこは部屋のあちこちに血が飛び散っていて、そこには、なにかを調べているらしい警察官がたくさんいました。部屋の隅では、若々しいパパさんとママさんが呆然とした表情で立ち尽くし、部屋の真ん中に置かれていた『布をかけられたなにか』を見つめていました。


 マルぼんは『復刻ガス』の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。