■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「俺は一犯、おまえは十犯」の巻
前科一犯「兄貴ー」


前科十犯「なんでえ、舎弟」


前科一犯「次のお仕事なんですけど、この家なんかいいんじゃねえですか。この大沼って家」


前科十犯「そうだな。ここにしておくか。うん? 玄関先においてあるこれは、犬の像か」


前科一犯「犬の像…番犬にもなっておらんですな、ウチらも舐められたもんです!」


前科十犯「まったくだ。まぁいい、さっさと仕事だ」


犬の像「がうがうがうがうがうがうがう!」


前科一犯「うわあああ!? 犬の像が吼えた!」


前科十犯「ぎゃー!」


前科一犯「そして兄貴の腕にかみついたー!」


前科十犯「腕がー!! うーでーがー!!」


ヒロシ「ふふふ。効果抜群だねえ」


マルぼん「おうよ。『動物化スプレー』の効果は絶大だね」


 動物化スプレーは、吹きかけた物を動物にしてしまう機密道具です。たとえば、象のスプレーを筆箱に吹きかけると、筆箱が象のようになります。犬の像には『子供に噛み付いて処分された土佐犬』のスプレーを吹きかけたので、みごと番犬の役割を果たしたのです。


ヒロシ「しかし色々なスプレーがあるんだね。わ。昆虫や魚のスプレーまであるんだ」


『鯖』とか『アリ』とかかれたラベルの貼られたスプレーがたくさんあります。


マルぼん「竹とんぼにとんぼのスプレーをかけたら、どこまでも飛んでいったりしておもしろいよ」


ヒロシ「へえ! よし、色々試してみよう! あれ、ラベルの貼っていない
スプレーがあるよ。なんかわからないけど、なにか適当なものに吹きかけてみよう。この出刃包丁でいいや」


 吹き付けた瞬間、出刃包丁はヒロシの手を離れ、あたりを飛び回ったかと思うと、ヒロシに向かってすごい勢いで飛んできました。クリティカルヒット!


ヒロシ「ぎゃー!」


マルぼん「このスプレーは……蚊だ! 蚊のスプレーだ!」


 スプレーの力で蚊と化したハサミは、ヒロシの血を吸うのでした。

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。