■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「犯人は皆さんの心の中にひとりずついる!」の巻
ヒロシ「最近さ…出かけ先で、必ずといっていいほど殺人事件に遭遇するんだ…この前なんて、トイレに行っただけで、はい、そこに死体!」


マルぼん「もう探偵になるしかないね」


ヒロシ「無理だよ。祖父が有名な探偵ってわけでもないし、薬で体が縮んでいるわけでもないし。頭だって『本当にホモサピエンス?』と疑問を投げかけられるほど悪いし」


マルぼん「いいかい、ヒロシくん。人間な、才能より努力だ。探偵になる努力と練習さえすれば、キミだって浮気調査のひとつやふたつ」


 マルぼんは機密道具『名探偵養成パイプ』を出しました。


マルぼん「この『名探偵養成パイプ』を咥えました、どこか適当な建物にはいる。するとそこで殺人事件が起こっているんだ。その殺人事件には必ず、真相を解き明かすためのヒントがわかりやすく残されている。そのヒントを元にして事件を解決すればいい」


ヒロシ「それを重ねて探偵としての経験値を稼げというわけか」


マルぼん「レベルを調整できるよ。レベルを下げれば、残されたヒントはすごくわかりやすいものになる」


 ヒロシは『名探偵養成パイプ』のレベルを一番下までさげ、咥えました。


マルぼん「さぁ、不思議な旅がはじまるぜ!」


 マルぼんとヒロシは、さっそく家を出ました。


ママさん「マルちゃーん。ちょっとー」


マルぼん「なんですか、奥さん」


 ママさんが呼ぶので、マルぼんだけ家に戻りました。玄関でママさんが神妙な顔をしています。


ママさん「あの、家賃の支払いがずいぶん滞っているんだけど…」


マルぼん「……」


ママさん「そろそろ働いたほうがいいんじゃないかしら、マルちゃんも」


マルぼん「あの…」


ママさん「食費もね…」


マルぼん「あ、もう少しだけ待ってください…」


ママさん「先月も聞いたわ、その言葉」


マルぼん「すいませんすいません」


 マルぼん、思わずママさんにすがりついてました。


 これがいけなかった。すがりついたマルぼんの怪力で、ママさんは吹っ飛んでしまったのです。壁に激突し、動かなくなるママさん。


マルぼん「奥さん!? 奥さん!!!」


ヒロシ「まだ行かないの?」


 ガチャ、と玄関の開く音がしました。


ヒロシ「ねえ。マル…」


 パイプを咥えたまま、凍りつくヒロシ。


マルぼん「ちがう。ちがうんだ。殺すつもりは」


ヒロシ「犯人は」


マルぼん「ヒロシ!!」


ヒロシ「犯人は、貴様だ!!」


 マルぼんは『名探偵養成パイプ』の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。