■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「子供たちが銃を持つ。こんな世界を作ったやつを僕はぜったいに許さない!」の巻
 近所の浪人生。10年ほど浪人生をやっているベテランさんなんですけど、逮捕されました。罪状は放火。町のアニメショップに相次いで放火したのです。


ヒロシ「このような悲劇を繰り返さぬために、我々子供も立ちあがらねばならぬ。ならぬのだ!」


マルぼん「見事なお考えです、閣下! 『放火犯自動射殺銃』。なにかに火をつけた人を、自動的に射殺する銃なの。『ちょっと料理を作るのに火を使いました』程度では反応しない、安心設計。広範囲に火をつけた人を射殺する機密道具なんだ」


ヒロシ「これをみんなに渡せば、町を火から守る、少年少女自警団の結成だね」


 ところがぎっちょんちょん。


ルナちゃん「自警団とか、うざい」


ナウマン象・金歯・そのほか有象無象の餓鬼ども「同意~」


 21世紀というドライな時代を生きる少年少女どもは、他人のことなどまるで気にしなかったのです。



ヒロシ「このだめ人間どもめ!」


 ヒロシの怒りが炸裂しました!


ヒロシ「いいか、町はひとりひとりの人間が己の力を最大限に(中略)だから、だからみんなで町を守らないといけないんさ!」


ルナちゃん「負けたわ」


 銃を手に取る、ルナちゃんたち微笑町のボーイ&ガールズ。


ナウマン象「守ってやろうじゃねえか、町ってやつをよ!」


ヒロシ「みんな!」


 ヒロシの言葉は、たくさんの少年少女の心に、情熱という名の火をつけたのでした!


 ズガガガガガガガガガッ(銃声)


 皆のもった銃が、一斉に発射されました。ハートに火をつけるのも立派な放火。マルぼんは、どんな放火でも見逃さない『放火犯自動射殺銃』の効果は絶大だと思いました。あ



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。