■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「夢も時間もヒロシを裏切る」の巻
 マルぼんが深夜の町を徘徊して取り込み忘れられた洗濯物を物色している途中、休憩がてら公園に寄ってみると、暗い顔をした男がブランコに座っていました。


 その憂いを秘めた表情を見て「なんかおもしろそう!」と思ったマルぼんは、接触を試みました。


男「現実に夢が負けたのです」


 男には大きな夢があったそうなのですが、家族・仕事などの現実に生活に押され、その夢がいつの間にか自分の中で小さくなっていたのだそうです。そのことが、途方もなくむなしいのだそうです。


男「夢はあきらめるものなのですね」


マルぼん「否! 断じて否! 夢はあきらめるものではなく、かなえるものだ!!」


 マルぼんは懐から霧吹きを取り出して使用し、男に向かって霧を吹きかけました。


『リフォー夢リフォー霧』、夢をリフォームする特殊な霧です。この霧を浴びたものは、抱いている夢を現実にするため、行動するようになるのです。


男「俺、間違っていた!」


 男は希望をその顔に浮かべ、駆け出していきました。


マルぼん「夢をかなえてくださいよ…必ず」


 その背中に、ポツリと呟くマルぼん。




ヒロシ「マルぼん、聞いた?」


マルぼん「なに?」


ヒロシ「市役所に、刃物を持った男が立てこもっているらしいよ」


マルぼん「え」


ヒロシ「なんでも、昔、学生運動でバリバリ活動していた男で『微笑町の町議会の汚物どもは即刻切腹しろ。死んで薄笑町に謝罪せよ。さすれば、微笑町は人々は平等思想に元に公平に暮らすことにできる、夢の太平天国となるのだ。人々よ、我が剣に集え! 我が夢に集え! 夢を実現せよ!』とか、意味のわからない声明を発表しているらしい」


 マルぼんは『リフォー夢リフォー霧』の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。