■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシ、使えないと言われなれている」の段
ヒロシ「たまには贅沢をということで、家族でちょっと小じゃれたレストランへ行ったんだ。でも楽しみにしていた名物料理が『予約がないと無理ですー』とか言われて出してもらえなかったの。なんとかならないかなあ」


マルぼん「ちょっと待って。レストランって、マルぼん知らないよ?」


ヒロシ「それは置いといて、どんなものでも簡単に予約できる機密道具よこせよ」


マルぼん「レストランって。レストランって」


ヒロシ「いいからよこせよー」


マルぼん「うう。豪華ご飯。豪華ご飯…」


 とめどなく溢れる豪華ご飯への欲望をなんとか抑えつつ、マルぼんは『予薬』という機密道具をだしました。液状の薬であるこの機密道具を適当なものに一滴たらすとあら不思議。薬をあびたものは、浴びせた人だけが使える専用アイテムになるのです。


ヒロシ「これはナイスアイテム。よし。これで色々なものを僕専用にしてやろう!」


『予薬』を持って外へと飛び出したヒロシは、数時間後、満面の笑みを浮かべて帰ってきました。



ヒロシ「町の病院に『予薬』を使ってきたよ。これから年末。怪我や病気になっても、僕はいつでも診てもらえるよん」


ママさん「ああ、生まれる! 生まれるー!」


ヒロシ「ママの陣痛が始まった! よし、さっそく病院へ!」


 さっそく病院へと向かうマルぼん。着いてみると、病院の周りには怪我人や顔色の悪い人がたくさん。


病人「治療の途中で…追い出すなんて……ひどい」


怪我人「たすけて…たすけて。血が…血がぁ」


ヒロシ「どうしたんですか?」


怪我人「医者が…『この病院はヒロシさん専用。ヒロシさん以外は使うことができない』とか言って…
診てくれないんです」


医者「ああヒロシさん。診なきゃならない患者はたくさんいますよ。危険な患者もいますけど、この病院はヒロシさん専用。設備も薬もあなた以外は使えません。さぁ、早く治療してください。すでになくなった人もいる…」<
ヒロシ「やった。ママが無事出産したよ。双子の女の子。姓名判断で、タバ子とシン奈と命名したよ。妹よ、元気に育て!」


マルぼん「元気に育て! じゃないよ。どうするんだよ、あの病院」


ヒロシ「昨日の夢、鬼のようにすごかったよう。もう眠れないね、僕。でさ、罪滅ぼしに『予薬』を使った世直しを考えたんだ」


マルぼん「どうせルナちゃんに使って自分以外と結婚できないようにする、とかだろ」


ヒロシ「ちがうよう。今、世界のあちこでは戦争が続いているだろ。戦争には兵器が作られる。その兵器に『予薬』を使うんだ。これで兵器は僕専用になり、ほかの人は使うことができない。兵器が使えないということは…」


マルぼん「そうか、戦争をすることができない! ヒロシにしてはいい案じゃないか。よし、機密道具を駆使して世界中の兵器に『予薬』を使おう」


 こうして、マルぼんとヒロシは地球平和作戦を実行に移し、すべての兵器を仕様不可にすることに成功したのでした。



某えらい人「何? 兵器が使えない? どういうこと?」


某副官「わかんないです。なんかヒロシがどうとかこうとか」


某えらい人「とにかく兵器使えないとはな……例の国の反乱分子掃討どうするよ」


某副官「心配ご無用。使わなければいけない兵器が使えないなら、使わなくても放っておけば効果があがる兵器を使えばいいのです」


某えらい人「?」 


某副官「強力な感染症にかかったヤツを数人、例の国に送り込む。こいつなら普通の兵器より強力だし、建物も壊さずにすみます」


某えらい人「おまえ頭いいなぁ! さっそく国立感染症予防センターから適当な患者を連れてこさそう。いやー。災い転じて福となす、ってやつだねえ」

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。