■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「全力投球大沼ヒロシです」の巻
ヒロシ「僕は生きる価値のないろくでなしの人間です」


マルぼん「よくぞそこに気がついた。もう貴様に教えることはなにもない…で、今度はいったいどうしたのさ」


ヒロシ「何事に対して手を抜いている自分に気がついたんだ。僕は、僕はもっとなにごとに対しても全力を尽くすべきなんだ!」


マルぼん「『全力投灸』。このお灸をすれば、なにごとも全力でとりくむ人間になる」


 マルぼんはさっそく『全力投灸』をヒロシに使用。腐った魚のようだったヒロシの目は輝き始め、顔には生気が
みなぎっています。


ヒロシ「俺は今から、なにごとにも全力投球で立ち向かうぞ!」


 頼もしい言葉を吐き、外へととび出すヒロシ。数時間後、バカみたいにたくさんの漫画を買い込んできました。



ヒロシ「全力投球で買い物してきた!」


マルぼん「金は!?」


ヒロシ「だから、全力投球で! 家も土地も家財道具も臓器も全てを売り払って、財力総動員で買い物してきた! もちろんマルぼんも!」


マルぼん「ええええ!?」


 マルぼんは、財政面でも全力を尽くしてしまうようにしてしまった『全力投灸』の効果は絶大だと思いました。搬送中に荷馬車から見える空を眺めながら、思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad