■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシ、ニューゲーム」の巻
ママさん「自己破産しちゃいました(笑)」


ヒロシ「はぁ?」


ママさん「いまこそ、家族が一致団結して、この難局を乗り切るときじゃないかしら!? ときじゃないかしら!?」


ヒロシ「うざい」


ママさん「とにかく、全てを捨てて、1から……いえ、ゼロからスタートしないといけないわ」


マルぼん「自己破産だからなぁ。ゼロどころか、マイナスからのスタートだ。こりゃ」


ヒロシ「マイナスからの人生か。想像だにできないや」


マルぼん「なら、体験してみるか。『なんでも体験機』。どんなことでも3分間の間だけ体験できる、魔法のゲーム機」


ヒロシ「よし、これからの悲惨な人生を歩む僕だ。景気づけにちょっと体験してみるか! まずは『ゼロからのスタート』!」


マルぼん「では、このスイッチを押します。さすれば、『なんでも体験機』が起動しますん」


 マルぼんはさっそくスイッチを押しました。するとどうでしょう。ヒロシが赤ん坊になってしまったではありませんか。赤ん坊ヒロシは3分間泣き続けると、元に戻りました。


ヒロシ「なるほど。人生がゼロからスタートしたわけだね。じゃ、続いてマイナスからのスタートを体験しよう。ポチっとな」


 すると、ヒロシは蛆虫に姿を変えました。


マルぼん「蛆虫? そういえば、どこぞの占い師が『ヒロシの前世は蛆虫』とか言っていたっけ。なるほど。人生がマイナス(前世)。からスタートしたわけかー」


 マルぼんは、人生までマイナス(前世)からのスタートにしてしまった『なんでも体験機』の効果は絶大だと思いました。


 寒さにやられたのか、蛆虫はやがて動かなくなりました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。